千葉雄大が女子高生たちに翻弄される? 全員悪女の映画「暗黒女子」で教師役

映画「暗黒女子」で教師を演じる千葉雄大

清水富美加と飯豊まりえのW主演で実写化される映画『暗黒女子』で、唯一の男性キャラクターとして俳優の千葉雄大が出演することがわかった。


映画はイヤミス小説(後味の悪いミステリー)の傑作として人気を博した秋吉理香子の小説「暗黒小説」が原作。セレブな名門女子高を舞台に、カリスマ女子高生・白石いつみの謎の死を巡って始まった文学サークルの仲間たちの壮絶な騙し合いを描く、“裏切りエンターテイメント”。
清水、飯豊のほか、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈と、旬な若手女優たちがそれぞれに闇を抱えた女子高校生を演じ、華麗なる競演を見せる。

そんな本作で千葉雄大が演じるのは、文学サークル顧問の北条先生役。サークル部員の女子高生達に少し卑猥な話題でからかわれて退席するなど、ウブな一面を持つが、一方で教師として“あるまじき秘密”も抱えている。

演じた役柄について、千葉は「一見まっすぐなようで秘密を持っているので、難しい役柄でした。監督からは、教師として仕事をこなす部分ともうひとつの秘密の部分について、二面性を出してほしいと言われました。」と撮影を回顧。
また、自身は男子高出身ということもあって「教師役は今回で2回目ですが、まわりが女の子ばかりで戸惑うことも多くありました」と、“女子高”という設定が新鮮だったようで、「仲良さそうに見える女生徒たち一人一人の視点で物語が進んでいくのですが、女の子の世界は怖いなと思いました」と戦々恐々。
「普段知りえない女性ならではの世界だから、新しい目線で男性も見れると思います。最後のどんでん返しは衝撃的です。」と作品をアピールしている。

嘘と衝撃に彩られた映画『暗黒女子』は2017年4月1日(土)“嘘つきの日”全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top