スパガ・浅川梨奈「やれよ!揉めよ!」の裏側を初公開

浅川梨奈「14の夜」メイキング

12月24日(土)より公開中の映画『14の夜』からSUPER☆GiRLS・浅川梨奈のメイキング映像が到着した。


本作は『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得した脚本家・足立紳の監督デビュー作。1980年代の田舎町のレンタルショップを舞台に、性にざわめき、やがて冒険に出る中学生男子たちの悶々とした思いを描く。

“ちょっとエロな和製『スタンド・バイ・ミー』”とも称される本作で浅川が演じているのが、主人公タカシの幼馴染のヤンキー少女・メグミ。普段アイドルとして活動している彼女が、ド派手なヒョウ柄衣装に身を包み、彼氏の運転するバイクにニケツし街を徘徊、と絵に描いたようなヤンキーっぷりを披露して話題を呼んだ。

この機会に原付の免許を取ろうとしたが、4度の不合格から諦めた経緯があるという浅川。公開されたメイキング映像では、撮影前にバイクに乗って「それっぽく見えるかな?」とはしゃぐ、無邪気な姿を見ることができる。
また、予告編にも使われた、タカシに向かって「やれよ!揉めよ!オラ、来いよ!!」とすごむシーンのメイキングも。足立監督による迫力満点の演技指導もすぐに飲み込み、ホンモノの貫禄すら漂う迫真の演技で主演俳優を固まらせてしまうが、その後で「やりすぎたかな?大丈夫?ごめんね」と謝る素の浅川を捉えている。

映画『14の夜』はテアトル新宿ほか全国公開中。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top