飛躍の1年だった星野源、ダンサー従え恋ダンス披露【紅白リハ初日】

紅白のリハーサルの臨んだ星野源

昨年に続いて2度目の出場となる星野源は、主題歌に起用されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のエンディングで自身を含む出演陣が披露した“恋ダンス”が大ブームとなっている楽曲「恋」を披露する。


リハーサルでは「こんにちは、星野源で〜す!」と元気よく挨拶し、おなじみのイントロが始まった。サビ前になると左右からダンサーが加わって”恋ダンス”を披露。華やかなステージを迎える準備は万端だ。
リハーサル後の会見では、「(今年は2回目の出場のため)落ち着いてできそうです。NHKホールは好きな場所です。雰囲気もいいし、アットホームな感じがします。お客さんの熱気が好きです。」おっとりと猫背で話す姿が印象的だった。
音合わせは入念に行っていた印象があり、「時間のない中、時間を割いてもらえて。本番も頑張りたいです。」とコメントした。
「楽しくて踊りたくなるようなラブソングが作りたかった」ということから「恋」は完成したということで、「たくさんの人に毎週火曜日が楽しみになるようと言ってもらえて。生活に取り込んでもらえたのが嬉しかったです。街でも声をかけてもらえて幸せでした。」と、充実した顔で語った。

『逃げ恥』以外にもコント番組「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」や大河ドラマ「真田丸」にも徳川秀忠役として出演し、飛躍の年となった星野。
「今年一年を漢字一文字で表すと?」という質問には、「楽」と回答。「自分の音楽を知ってもらえて、リラックスした状態で「楽」に、またその気持ちでできる楽しさがあります。来年は、自分の音楽を聴いてもらいたいし、無理をしないでやりたいです。」と静かに熱い気持ちを伝えた。

今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」で、紅組の司会は女優の有村架純、白組の司会は嵐の相葉雅紀が務める。これまでの対戦成績は、昨年の紅組勝利で、紅30勝、白36勝。
NHK総合およびラジオ第一で午後7時15分〜同11時45分に放送(20時55分〜21時は中断ニュース)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top