関ジャニ∞、2階新ステージでトップバッター「盛り上がれるような1曲にできたら」【紅白リハ2日目】

「第67回NHK紅白歌合戦」ロゴ

関ジャニ∞が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われた第66回NHK紅白歌合戦のリハーサルに登場し、囲み取材に応じた。


今年はスーツを着て囲み取材に臨んだ丸山。「初心を思い出して!今回のために新しく作りました。今回は3ピースです!」と笑顔を見せた。スーツが3ピースになったことに触れ、役職が上がったのか聞かれると「そのままです…広報部です」と話し、袖元が短いことを指摘されると「計算ミスかもしれないです。」と場を和ませた。

5回目の紅白出場について聞かれると、横山は「慣れないですね。独特な緊張感があります」とコメント。今年、NHKホールの2階に新たに設置されたステージでトップバッターを務めることを受け、村上は「“初”が2個もらえた」と話し、「良いプレッシャーを与えてもらったから盛り上がれるような1曲にできたら」と意気込んだ。

紅白恒例の司会者との面談を済ませた関ジャニ∞。何を話したかという質問に村上は「コンサートを見に来てくれたのでその時のMCの話と、今回の『ズッコケ男道』はレスポンスがあるのでぜひ2人もやってくださいという話をしました」と語った。安田は「『ズッコケ男道』は一緒にかけあえるポイントがあるので、会場にいる人もテレビの前の皆さまも参加して頂けたらなと思います」と笑顔でアピールした。

曲中で司会の有村と相葉との絡みがあるのは錦戸と渋谷。「人見知りな二人ですよね?」と聞かれた錦戸は「2人で挟んで何かしてくれるかなと期待しています。僕は相葉君側です」と答え、渋谷は「どう絡んでやろうかなと思ってます」とニヤリ。
「今年一年を漢字一文字で表すと?」という質問には、丸山が真剣な顔で「東京のコンサートでも言ったのですが「全」です。ツアーで全国をくまなく回ることができたのと、関ジャニ∞としてもできることを全力を出し、紅白で最終的に全力を出し切ることになります。全力で走り切れた一年だったと思います。」とコメントした。自身のコメントにさらに被せるように「そこに”ちょんちょん”と付けて、来年はみなさんの心の「金」を取りに行きたいと思っている次第でございます。僕たちのオリンピックをしようかなと。」と丸山らしいお茶目回答が飛び出し、笑いを誘った。

今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」で、紅組の司会は女優の有村架純、白組の司会は嵐の相葉雅紀が務める。これまでの対戦成績は、昨年の紅組勝利で、紅30勝、白36勝。
NHK総合およびラジオ第一で午後7時15分〜同11時45分に放送(20時55分〜21時は中断ニュース)。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top