生田絵梨花ら乃木坂46新成人メンバーが晴れ着披露 96年組は「マイペース世代」

乃木神社で成人式を行った乃木坂46メンバー

乃木坂46の新成人メンバーが7日、東京・港区の乃木神社にて成人式を行った。


本年度、成人を迎えたメンバーは生田絵梨花、北野日奈子、斎藤ちはる、中元日芽香、堀未央奈の5人。5人は艶やかな振り袖姿で鳥居をくぐると、詰めかけた大勢の報道陣の前を通って本殿へ。祈祷を行った後に再び報道陣の前に姿を見せ、新成人の抱負を語った。

乃木坂46では西野七瀬、桜井玲香ら1994年度生まれのメンバーたちが「花の94年組」と名乗っているが、1996年度生まれの自分たちについて「何世代?」との質問が飛ぶと、5人は「え〜?なんだろう?」と顔を見合わせた。北野が「本当に話が……」と言いかけると、すかさず堀が「合わない」とバッサリ。北野は「合うんだよ!」と訂正しながら、「合ってるんだけど、みんなで1つのことに対して話してても、そっちは違う話題になっちゃって、こっちも違う話題になっちゃって、1人で喋ってたっていうオチになりやすい」と説明し、生田が「マイペース世代」とまとめた。

生田は「お姉さんメンバーが代々この乃木神社で成人式をやってたのをニュースで見ていたので嬉しい。中学3年でグループに入って『中3組』って名乗っていたので、それがもう20歳になるんだって感慨深い思いでいっぱいです」と成人の喜びを語り、なりたい大人の女性のイメージを聞かれると、「お寿司をサビ抜きじゃなくて、普通に食べられるようになりたい」と思い描く大人の女性像を明かした。「まだサビ抜きって言っちゃうので、その度に『ああ、子どもだな』って思ってます」と話し、今月22日の誕生日に向けて「20歳になったらサビありで試してみたい」と目を輝かせた。

5人は絵馬に願い事を記入。斎藤は「文武両道」と書き、「大学にも通っているので、乃木坂の活動と大学の勉強と、あとスポーツも大好きなので」と言葉に込めた想いを説明。
堀は酉年にかけて「飛躍」と書き、独特な絵も添えた。記者から「何の絵ですか?」と聞かれると「鶏(とり)です」と自信満々。「鶏なんですか?」と再確認されると、「え?これですよね?鶏……です」と伝わらなかったことがさも驚きといった様子だった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top