菅田将暉ら“グリーンボーイズ”がGReeeeN10周年ライブに登場 「やばいね!」と大興奮

1月24日にデビュー10周年を迎えるGReeeeNが7日、さいたまスーパーアリーナでワンマンライブ「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル~デル~デ♪』」を開催した。


そのオープニングアクトとして、松坂桃李と菅田将暉がW主演する映画『キセキ ―あの日のソビト―』の劇中でGReeeeNが誕生するきっかけとなった前身グループ、グリーンボーイズを演じた菅田将暉(ヒデ役)、横浜流星(ナビ役)、成田凌(クニ役)、杉野遥亮(ソウ役)が登場。アリーナを埋め尽くす約1万6千人の大歓声に迎えられる中、映画のタイトルでもあるGReeeeNの代表曲「キセキ」、インディーズ時代の名曲「声」のカヴァーを披露すると、初パフォーマンスとは思えないほどの熱唱ぶりに、会場は感嘆と興奮の渦に包まれた。パフォーマンスの途中には、観客の大熱狂を目の当たりにした菅田から「やばいね!」と思わず興奮の声が漏れる一幕も。熱唱後は、成田が「アリーナー!!」、菅田が「2階席―!!」、横浜が「3階席―!!」、杉野が「4階席―!!」と呼びかけ会場を沸かせ、一礼をしてステージを後にした。

グリーンボーイズのパフォーマンスが終わると、満を持してGReeeeNが登場。国民的大ヒット曲「キセキ」のイントロが流れると、1万6千人の観衆から鳴り止まない拍手、声援が送られた。ライブ中盤では映画の主題歌で、彼ら自身が10年間あたためてきた思い入れのある楽曲「ソビト」が初めて披露され、壮大な展開と胸に深く突き刺さる歌詞に涙を流すファンも見受けられた。その後も数々のヒット曲を披露し、1万6千人の観衆が大興奮の中、ライブは締めくくられた。

ライブ終了後、菅田はオープニングアクトを振り返り、「(観客の)パワーが凄かったです!皆さんにGReeeeNさんの歌を届けるのが、純粋に楽しくて…ついつい騒ぎすぎました(笑)」と笑みをこぼした。緊張したか聞かれると、「緊張はすごくしました!僕たちが登場するときの光の演出がかっこよすぎて。」といまだ興奮冷めやらぬ様子を見せ、「映画の中でのライブシーンは、友達に見に来てもらっているというものでしたが、今日はGReeeeNさんを見に来た人達を前にしてのオープニングアクトだったので、全然違いました。」と語った。
オープニングアクト直後は、「4人とも大興奮でカオス状態。みんないっぱい話しているけど、みんな聞いていなかった(笑)」と舞台裏の様子を明かし、「初めて人前でパフォーマンスをするのがさいたまスーパーアリーナで1万6千人の前。他にないですよ!!」と声を大にして、改めて貴重な体験を噛みしめた。

オープニングアクト前にはグリーンボーイズとGReeeeNのメンバーそれぞれが固い握手を交わしたそうで、GReeeeNが“歯医者と歌手”という異色すぎる2つの夢を掴んだことに対して「すごい道を歩んできて、色んな事があったんだなと伝わってきた。」と羨望のまなざしを送った。
さらには、「(ライブ途中のMCで)HIDEさんが“これからも僕ら5人、いや4人で…”と言いなおしていたけれど、自然とJINさんも含まれていたのにグッときた。」と、兄弟・仲間の絆の深さに感銘を受けていた。

GReeeeNの名曲「キセキ」の誕生にまつわる、ある兄弟と家族、そして仲間たちの軌跡を描く映画『キセキ ―あの日のソビト―』は、1月28日(土)より全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top