綾野剛の登場に大阪道頓堀が騒然 6000人が大歓声

大阪道頓堀の龍彦像と対面した綾野剛

俳優の綾野剛が15日、大寒波で小雪が舞う大阪・道頓堀にサプライズで登場。主演映画『新宿スワンⅡ』のゲリライベントを敢行した。


綾野剛登場の告知は当日1時間前だったにも関わらず、道頓堀には約6000人もの観衆が集まり、周辺は一時騒然となった。

前作『新宿スワン』の公開時には新宿に綾野が演じる白鳥龍彦の巨大像が設置されたが、今回は今月11日より道頓堀のグリコサイン前に巨大龍彦像が設置中。
大阪という場所は綾野自ら希望したそうだが、「実際に見るとグリコサインの前に龍彦像が向かい合っていて、何だか新参者で恐縮です!」とあらためて見る龍彦像の存在感に照れた様子も。
今回の作品に関しては「“続編”のつもりだったんですけど、前回の新宿から舞台が横浜に移り、浅野忠信さんをはじめ、新キャストを迎えたので“新章”という気持ちで挑みました。」と意欲を述べ、MCから「アクションシーンが前回よりもパワーアップしていましたよね。高さ10m長さ50mの看板が倒れてくる、そこを綾野さんがよけながら走るという場面を見ていると相当危険だったと思うんですがどうでしたか?」という質問には「前回より怪我は少なかったんですが、今回はエンターテインメント性を強めた、魅せるアクションだったと思います。看板のシーンはガチのスタントなしで、ダッシュで潜り抜けました(笑)」と撮影秘話も明かした。

イベント中には、集まった大阪のファンの熱気に「大阪の人、あったかい!」と綾野自身もテンションが上がり、自分のスマホで観衆とともに写真を撮ったり、グリコポーズを披露するなどし、観衆を盛り上げた。
最後には、今年の干支である酉(トリ)に白鳥龍彦をかけて、綾野の「映画『新宿スワンⅡ』行くぞ!!」の掛け声とともに、“永久(とわ)に”という希望を込めて!!10羽の希望の白い鳩を飛ばした。
気合いの掛け声と爆音BGMで音量が振り切り、音が飛ぶハプニングがあったものの、集まった6000人の歓声とともに映画の大ヒット祈願となった。

なお、巨大龍彦像は17日(火)まで設置の予定でだったが、好評につき22日(日)まで設置延長が決定した。
映画『新宿スワンⅡ』は2017年1月21日公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top