Flower、全22公演6万人動員の全国ツアー完走

全国ツアーのファイナルを迎えたFlower

ダンス&ボーカルグループのFlowerが16日、東京国際フォーラムで全国ツアー「Flower Theater 2016 〜 THIS IS Flower 〜」のファイナルを迎えた。


Flowerにとって2度目の単独ツアーとなった本ツアーは、昨年10月21日の福岡・アルモニーサンク北九州ソレイユホールを皮切りに20都道府県で全22公演を行い、6万人(ライブビューイング8,000人を含む)を動員。
前回同様「Flower Theater」というタイトルのもと、“一つの物語を感じさせる映画のような世界観”をコンセプトとし、昨年10月にリリースしたベストアルバム「THIS IS Flower THIS IS BEST」の楽曲を中心に、一人の女性の感情を鮮やかに表現した。

映画のプロローグを思わせるオープニング映像で「物語」の世界に引き寄せ、「人魚姫」で幕開け。「Blue Sky Blue」では傘とブーケを効果的に使い、映画のワンシーンを観ているような演出。さらに、あじさい(「紫陽花カレイドスコープ」)からひまわり(「太陽と向日葵」)へと楽曲とともに季節が移ろい、描かれる恋の物語は「初恋」「やさしさで溢れるように」とより深くなっていく。

中盤、「さよなら、アリス」では佐藤晴美のソロのダンスをフィーチャーし、ドラマチックな表現でストーリーを届け、ボーカルの鷲尾伶菜のアカペラから始まる「他の誰かより悲しい恋をしただけ」では胸に響く圧巻の歌声で会場を包み込んだ。さらには、藤井萩花によるピアノの演奏、感情表現をダイナミックさと繊細さの両面で描き切るダンスパートなど、個々の高い表現力が魅力であるFlowerの真骨頂を存分に見せつけた。

また、会場がさらにヒートアップしたのは、1月11日にリリースされ、ツアーでは初披露となる「モノクロ」のパフォーマンス。イントロダクションのビデオがスクリーンに映し出されるやいなや大きな歓声が湧き、力強さや大人の魅力が溢れるパフォーマンスで一気に会場を熱気で包んだ。
さらにアンコールでは、「モノクロ」の両A面曲として対を成す「カラフル」を初パフォーマンス。会場に詰めかけた5,000人は大興奮で、この日一番の歓喜に酔いしれた。

余韻が残るなか迎えたMCでは藤井が「涙を流して聴いているお客さんの反応からパワーをもらえましたし、この先、この『Flower Theater』を大きくしていきたいと思います」とさらなる飛躍を誓い、鷲尾は「この6人で単独ツアーというのは初めてで、試行錯誤したり悩んだり、不安もありましたが、皆さんの笑顔を観ることができて安心しました!」と胸中を打ち明け、集まった会場のファンに感謝の気持ちを伝えた。
6人それぞれがファンにメッセージを送り、ラストの「TOMORROW〜しあわせの法則〜」へ。歌詞がスクリーンに映し出され、最後は会場全体で声を合わせて歌い、感動のエンディングとなった。

「Flower Theater 2016〜THIS IS Flower〜THE FINAL」セットリスト

1.人魚姫
2.瞳の奥の銀河 (ミルキーウェイ)
3.Blue Sky Blue
4.紫陽花カレイドスコープ
5.太陽と向日葵
6.秋風のアンサー
7.初恋
8.やさしさで溢れるように
9.熱帯魚の涙
10.さよなら、アリス
11.他の誰かより悲しい恋をしただけ
12.CALL
13.Virgin Snow 〜初心〜
14.ラッキー7
15.モノクロ
16.Dolphin Beach
17.Dreamin’Together
18.Imagination
19.Flower Garden
20.白雪姫 (オーケストラMIX)
21.カラフル
[アンコール]
22.TOMORROW 〜しあわせの法則〜

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top