窪塚洋介・浅野忠信・小松菜奈ら巨匠マーティン・スコセッシとの「幸せな時間」を振り返る

『沈黙ーサイレンスー』ジャパンプレミア

巨匠マーティン・スコセッシ監督が戦後日本文学の金字塔と称される遠藤周作の「沈黙」を映画化した『沈黙ーサイレンスー』のジャパンプレミアが17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、本作に出演する窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、そして来日中のマーティン・スコセッシ監督が舞台挨拶に登壇した。


スコセッシ監督が原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し⻑年に渡り温め続けてきた本作。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像とともに描き出す。
スコセッシ監督は舞台挨拶の壇上で「皆さん素晴らしい芝居を見せてくれて、自分ができることはそれを形にして映像で見せること。心の底から言えることですが、皆さんの頑張り、力、深みを見せてくれました」と日本人キャストたちを労った。

窪塚洋介は「極東のどこの馬の骨かもわからないこの俺に毎日どれだけ敬意を払ってくれていたか。溢れるような敬意を感じて、毎日夢の中で仕事してるみたいでした。山の上が厳しい寒さだろうが、どれだけ長いこと正座させられて古傷が傷もうが、どれだけ長いこと待ち時間があろうが、そんなもの幸せの一部だろって思うくらい、本当に幸せな時間を過ごさせてもらいました」と巨匠との現場を回顧。作品のお披露目となるジャパンプレミアを迎え、「今日が僕の役者人生最良の日です。本当に幸せです」とマーティン・スコセッシ監督に頭を下げた。
続いて浅野忠信も「監督に出会えて幸せでした。常に僕らのことを見守ってくれて、僕らの繊細な動きや表現を監督が見逃さず見てくれて、その中で新たなアドバイスをくれたので、役を乗り越えられたと思う。監督の優しさと、一緒にものを作ってくれる姿勢にはたくさん学ぶものがありました」と充実感をにじませた。

隠れキリシタンを演じた小松菜奈は撮影時19歳。「監督がずっと撮りたかった作品に10代で関わらせてもらえたことが幸せで、現場自体もすごく刺激的でした」と当時を振り返る。感情を露わにする印象的なシーンの撮影では、夕方に撮影を行ったものの、陽の傾きが前後のシーンと繋がらなかったため、翌日に撮り直すことに。「その時の感情を思い出して泣いてしまった」と明かすが、そんな小松の演技についてスコセッシ監督は「彼女がかなり激しいリアクションをするシーンで、その彼女の芝居にビックリして、もう一回お願いしないといけないのが心苦しくて、でも同じくらい激しい演技を見せてくれました。これは本当に見ものでしたよ」と賞賛した。
また、夫役を演じた加瀬亮からは「小松さんは普段すごいダルそうなのに芝居に入ると200%くらいの力が出るので、そのシーンのことはよく覚えてますし、その日の撮影が終わると倒れちゃうんじゃないかっていうくらい毎回毎回力を出し切っちゃうので、さすがに『もう1回』と言われた時は大変だなと思いましたけど、次の日も全く同じくらいの力でやっていたので、普段パワーを蓄えているのかなって思いました」と言われ、苦笑していた。

映画『沈黙ーサイレンスー』は1月21日(土)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top