窪塚洋介、スコセッシ監督の手腕に脱帽「手の平の上で踊って帰ってきた」

『沈黙-サイレンス-』初日舞台挨拶

巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の「沈黙」を映画化した『沈黙-サイレンス-』が21日に公開初日を迎え、同日、本作に出演した窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈が都内の劇場で舞台挨拶を行った。


スコセッシ監督が原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し⻑年に渡り温め続けてきた本作。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像とともに描き出す。

キーパーソンとなる隠れキリシタンのキチジローを演じた窪塚は「監督からキチジローの人となりというのを現場で具体的に演出された記憶がない」と話す。「『グレート』『アメイジング』『ワンダフル』って毎日乗せられて、あの人の手の平の上で踊って帰ってきたんです。『それだとやり過ぎだ』ということは一言も言われなかった。ダメでも『ワンダフル、もう1回』なんです」と役者を乗せる巨匠の手腕に舌を巻く。しかし、完成した作品を2回観た時に「僕がよりイノセントに、よりピュアに見えるようなシーン、わかりやすく言うと涙を流して慟哭するようなシーンは使われてない」ことに気づいたという。自分にも「ハリウッドに自分の演技をアピールするチャンス」という気負いがあったかもしれないことを認め、「そういうものは一切カットしていて、この作品のなかで僕が与えられていたキチジローというものを演じさせられるというか、なんで現場で言わなかったのか未だに謎です」とスコセッシ流の演出法を明かした。

最後には「神は沈黙しているし、沈黙しているなら自分自身の心の中にある答えを見つけて、前に進んで生きていかなきゃいけない」とし、「こういう重い映画が僕らを導いてくれることもあると思う。今この時代に必要な映画だと思いますし、マーティン・スコセッシはある意味で命を懸けてこの映画を世界中に届けて戦っているので、その気持ちも汲んでもらえたら俺も嬉しいです。この映画を通して皆さんのもとによりよい明日が来ることを信じて疑いません」と作品に対する熱い想いを観客に伝えて舞台挨拶を終えた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top