満島ひかり、妻夫木聡に怒られた“愚行”を告白

「愚行録」ジャパンプレミア

映画『愚行録』のジャパンプレミアが22日、都内の劇場で行われ、本作に出演する妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、松本若菜、中村倫也、眞島秀和、濱田マリ、平田満、そして石川慶監督が出席した。


舞台挨拶では、本作のタイトルにちなみ、出演者たちが過去の“愚行”を発表することに。
満島は「映画に出させてもらうようになった頃、こういう舞台挨拶で不機嫌そうな顔でしか写真に写ってなかった」と告白。「妻夫木さんに『マスコミの人も毎日たくさんいろんな取材をしてここに来てるから、ちゃんと大人として対応しなきゃダメだよ』って怒られたことがあります」と照れながら明かした。

妻夫木は現在出演中の舞台『足跡姫』で「自分が差し入れしたサッポロビールの1ケースを自分の控室に入れちゃいました。すいませんでした」と懺悔。
小出は、今月14日に臼田がロックバンド・OKAMOTO’Sのオカモトレイジとの結婚を発表したことを受けて、「この映画の宣伝で臼田さんと一緒に番組に出させてもらったんですけど、その時に臼田さんに『結婚するんですか?』と伺ったら、『します』とおっしゃって、その2日後くらいに結婚されて、なんであの2日の間にプロポーズしなかったんだろうと、非常に悔やんでおります」と話すと、隣の妻夫木から「愚行じゃないよ。プロポーズしてたら愚行だけど」とツッコまれ「あ、そっか」と苦笑いを浮かべていた。

妻夫木と満島は今回、兄妹役での共演。妻夫木は「何度も共演しているし、兄妹役も初めてではなかったので、最初からまとわなくてもいいものがある」といい、お互いに掴みどころのない役を演じるにあたり、「はっきり『こういう形にしよう』としたら負けな映画だと思うので、現場で役作りとかをあまり考えずにいれたのは救いでした」と共演を振り返った。
妹の光子を演じた満島は「地に足がつかないように、役を掴まないように、私も光子に掴まれないように演じた」と話し、「妻夫木さんに『不安もあるけど何か面白い感じがするから頑張ります。愛してるよ!』ってメールしたら『愛してるよ』って返ってきた」と笑顔を見せていた。

映画は貫井徳郎による同名小説が原作。
週刊誌の記者・田中(妻夫木)は、絵に描いたような幸せな家族を襲った一家惨殺事件の取材を開始するが、関係者へのインタビューから浮かび上がってきたのは、理想的と思われた夫婦の実像や証言者たちの思いもよらない姿だった。
人間関係における秘められた羨望、嫉妬、見栄、駆け引き、日常的に積み重ねられた無意識の“愚行”が複雑に絡み合い、見る者の人間性が極限まで試される戦慄の群像ミステリー。

映画『愚行録』は2月18日(土)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top