乃木坂46伊藤万理華、山岸聖太監督「傷だらけの悪魔」に映画オリジナルキャラで出演

伊藤万理華「傷だらけの悪魔」場面写真

2月4日公開の映画『傷だらけの悪魔』に乃木坂46の伊藤万理華が出演していることが23日、わかった。


「傷だらけの悪魔」©2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ

「傷だらけの悪魔」©2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ

本作は累計ダウンロード数2000万を超えるマンガアプリ「comico」にて連載中の同名コミックを、主演に足立梨花を迎えて実写映画化。
田舎の高校に転校してきた主人公・舞は、中学時代にイジメていた元同級生と再会し、復讐の標的となる。明るく楽しい学園生活の裏で繰り広げられる、“フツー”の女子高生たちの壮絶な戦いを、ポップで斬新な映像美によって切り裂いていく。
足立のほか、Seventeen専属モデルの江野沢愛美、映画初出演となる岡田結実らが出演。

伊藤が演じるのは、原作には登場しない映画オリジナルキャラクターで、舞(足立)の親友、マリコ。次第にエスカレートするイジメに挫けそうになり、一度東京へ戻った舞は、東京で暮らす親友のマリコの言葉を聞き、ある決心をする。物語のターニングポイントとなる重要な役どころだ。

メガホンをとった山岸聖太監督は、これまでにMusic Videoをはじめとする乃木坂46の映像作品も多数手がけており、伊藤は「原作も知っていて、山岸監督で映画化するのも楽しみにしていた作品なので出演できて光栄です」と山岸監督の長編映画デビュー作への参加に喜びいっぱい。
また、役どころについて「心をえぐられるシーンが多い中で唯一、中和剤のような部分になります。撮影は一日だけでしたが、とても楽しかったです」とコメントしている。

映画『傷だらけの悪魔』は、2017年2月4日(土)角川シネマ新宿ほか全国ロードショー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top