乃木坂46齋藤飛鳥、初ソロ写真集発売も「まだ自信が持てない」と控えめ

1st写真集「潮騒」を発売した齋藤飛鳥

乃木坂46齋藤飛鳥の初のソロ写真集『潮騒』(幻冬舎/撮影:細居幸次郎)が1月25日に発売され、同日、都内で購入者1000人を対象としたお渡し会を開催。イベント前に報道陣の取材に応じた。


北海道と石垣島で撮影し、キュートな笑顔が詰まった本書は、本人いわく「ほぼほぼ素の感じ」。「弾けた笑顔を人前で見せることがあまりないし、ステージにいる時はカッコつけたがりなので、あまり気を抜いた顔をできるだけ見せないようにしてるんですけど、この撮影の時はスタッフさんもすごく普段からお仕事させていただいている方たちだったので、自然と素の自分になれたし、素でいたほうがファンの方としても嬉しい写真が撮れるんじゃないかと思って、ちょっと意識はしました」と撮影を振り返る。
お気に入りの1枚は大きな熊の顎に指を置いて笑っているカット。「この熊の顎が1本の指でガタガタに動くんですよ。こんなにでっかい熊の顎が指1本で動かせるんだって思ったら面白くなっちゃって」と思い出し笑いしながら笑顔の理由を明かした。


自分だけが写っている写真集について改めて感想を求められると、「これ・・・見る人がいるんだって、不思議です。嬉しいんですけど、不思議です」と完成した今でも訝しげ。すでに母親には渡したそうだが、「反応が恥ずかしくて、寝る直前に渡して寝室に逃げたので、感想は聞いてない」といい、「メンバーにも恥ずかしくて私からは見せてなくて、秋元真夏に『見せて』って言われて、『やだ』って言いました」と感想を聞くことに躊躇いも。
「写真集に点数をつけるなら?」と聞かれると、「低く言ったらいろんなところに波が立ってしまう・・・」と困惑顔で、「この1冊を作るにあたって、本当にいろんな方にたくさん動いていただいたので、それが形になったっていう点ではすごいありがたい」としつつも、「自分の顔が並んでても自分的には『ああ・・・』っていう気持ちになるので、そういう点ではダメです。まだ自分に自信が持てていないです」と終始控えめだった。

本書では初めてのビキニにも挑戦。「昔から思ってたんですけど、なんでビキニがあるんだろうと思って、さっきもビキニ発案者を調べたんですよ。そしたら結構歴史があるみたいで。撮影当時は知らなかったので、これどういう気持で作ったんだろうなって思いながら撮影してました」と冷静に語っていた。

齋藤飛鳥ファースト写真集「潮騒」

(幻冬舎/撮影:細居幸次郎)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top