松坂桃李「不思議なご縁」と感慨 主題歌歌うAnly&スキマスイッチが撮影現場を訪問

松坂桃李、スキマスイッチ、Anly

1月22日(日)よりスタートした日本テレビ新日曜ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』のエンディングテーマを手がけるスキマスイッチとAnlyが撮影中のスタジオを訪問。主演の松坂桃李と対面した。


スキマスイッチとAnlyは「Anly+スキマスイッチ=(アンリィスキマスイッチ)」として同ドラマのエンディングテーマ「この闇を照らす光のむこうに」を担当。Anlyとスキマスイッチという世代を超えたアーティスト同士が、たがいに真正面から向き合い、紡いだコラボレーション楽曲だ。

ドラマセットの中で挨拶を交わした4人は、終始なごやかな雰囲気。
松坂はスキマスイッチとは「デビューした2008年に仕事をご一緒させていただいたこともある」と明かし、またAnlyはメジャーデビューシングル「太陽に笑え」が、松坂主演のドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』の主題歌に起用された縁もあり、約1年ぶりの再会に話が弾んだ。
「太陽に笑え」のリリース時には、実際にライヴハウスに足を運んで、Anlyが歌う主題歌を聴いている松坂。「今回、自分が主演ドラマをやらせていただくタイミングで、スキマさんとAnlyさんに主題歌を歌ってもらえるというのは、なんか不思議なご縁というか。いろいろな繋がりとか縁が巡りめぐって『旅人』に集まっているような感じがしています」と感慨ひとしお。
楽曲については「最初に曲を聴いた時、心が震えました。このドラマの世界観や旅人の気持ちが、メロディや歌詞にちゃんと込められているのがストレートに伝わってきて、嬉しくなりました。この作品が『この闇を照らす光のむこうに』に負けないように、しっかり作り上げていきたいと改めて思いました。『視覚探偵 日暮旅人』の色をより鮮やかに、力強く照らしてくれる、そんな曲です」と語っている。

闇の中から光射す方へ手を差し伸べるように、重厚なバンドサウンドと、それを包み込むようなストリングス、そしてAnlyと大橋のヴォーカルがエンディングに向かうにつれて力強さを増していく『この闇を照らす光のむこうに』は、「Anly+スキマスイッチ=」のコラボレーションシングルとして、3月1日に発売が決まっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top