コロッケ、自身プロデュースのエンタメレストランが1周年!公開オーディション開催でパフォーマンスも充実

ものまねタレントのコロッケが26日、自身がプロデュースするものまねエンターテインメントライブレストラン「CROKET MIMIC TOKYO(コロッケ ミミック トーキョー)」(東京・麻布十番)で年間出場権争奪オーディションを実施。自身が審査員を務めた同イベントで、ダンサーのacha(アチャ)がMVPに選ばれた。


1月27日に1周年を迎えるコロッケプロデュースの「CROKET MIMIC TOKYO」は、ものまねを中心にダンス・イリュージョンなど世界一流のパフォーマンスを網羅し、世界に通用するエンターテインメントを披露している。そんな同施設で初めての公開オーディションが行われ、1次審査を勝ち抜いた7組とスペシャルシードとして出場したお笑いコンビ・X-GUNの合計8組がファイナル審査に臨んだ。MVPに輝いたのは、ポールダンサー、バーレスクダンサー、gogoダンサーとして都内を中心にショーガールとして活躍中のacha。AKB48、三代目J Soul Brothers、浜崎あゆみなどのMVにも出演し、女優やモデルとしても活動している。

ファイナル審査では、ステージ2階のバルコニーから姿を現したachaが、妖艶なポーズを繰り出しながら階段を下り、ポールダンスのステージで観るものを圧倒する見事な技を次々と披露。パフォーマンスをミュージカル調に仕上げ、最後は審査員席に座るコロッケの眼の前まで進み出てアピールした。そんな彼女をMVPに選出した理由についてコロッケは「お客様に喜んで頂くためにパフォーマンスで何をやるのかということが大前提なので、どうすればお客様に喜んで頂けるかなという点で、achaさんが審査員のみんなの目に留まったのかな」と彼女のパフォーマンスがエンタテインメント作品として優れていたことを評価。それを受けたachaは「ありがとうございました。実は自信がなかったので、びっくりしています」と素直な心境を言葉にした。

また、コロッケはachaに対して「ひとりミュージカルみたいなものが、日本の昭和の名曲の中でできれば」と期待感。acha以外にも「即戦力になる方が他にもいます」とお眼鏡にかなった逸材を見つけたらしく、「春から昭和歌謡のアイドルの方々が出演します」と語るように個別にオファーを出して「CROKET MIMIC TOKYO」のステージをさらに充実させる意向を明かし、「他にはない場所になると思います。色々な点で楽しんで頂けるエンタテインメント・ハウスになると思います」と自信を覗かせた。

「CROKET MIMIC TOKYO」は、料金体系をリニューアルし、1周年誕生感謝祭特別価格(2017年1月28日〜3月12日)を導入する。ペアシートを7,800円(税抜)にて、グランドシートとウィングシートをそれぞれ9,800円(税抜)にて提供。この基本料金は料理(ビュッフェ)代、フリードリンク代、席代、ライブ鑑賞代のすべてが含まれ、分かりやすく気軽に立ち寄ることができる形にする。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top