実写版「美女と野獣」吹き替えキャストに昆夏美&山崎育三郎ら実力派11人集結

実写版「美女と野獣」吹き替えキャスト

映画『美女と野獣』のプレミアム吹替版キャスト発表会が31日、都内にて行われ、ベル役をミュージカル女優の昆夏美、野獣役をミュージカル俳優の山崎育三郎が務めることがわかった。


本作はアニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされ、今なお愛され続けている不朽のアニメーションを、主演にエマ・ワトソンを迎えて、ディズニーが実写映画化。
発表会ではプレミアム吹替版の声優に決定した昆夏美、山崎育三郎、岩崎宏美、村井國夫、吉原光夫、藤井隆、成河、小倉久寛、濱田めぐみ、島田歌穂、池田優斗が1人ずつ登壇。ステージに揃った11人全員で名曲「美女と野獣」を歌唱披露した。

ベル役に決定した昆夏美は「幼い頃から作品の大ファン。実写版の製作が決まって、エマ・ワトソンが演じると聞いたときから見たいと思っていたので、私がこうしてこの作品に携われることを大変光栄に思いますし、人生何が起こるか本当にわからないという嬉しい驚きでいっぱいです」と胸を躍らせる。演じるベルというキャラクターについて「ディズニープリンセスの中でも芯が強かったり、自立した女性という部分が強く描かれているキャラクターだと思います。そういった部分も考えながらこれから収録に臨みたい」と意気込んだ。

野獣役の吹き替えを担当する山崎は「幼い頃、サンタクロースに『野球のグローブが欲しい』と手紙を書いたところ、次の日起きるとディズニーのビデオがたくさんおいてありまして、それがディズニーとの出会いでした。それから何百回とビデオテープがちぎれるくらい見まして、いつかディズニーの吹き替えをしたいと思っていましたので、今日は『思い続ければ夢は叶うんだ』と実感しております」とディズニーへの想いを述べ、「ミュージカル界のスーパースターが揃い、そしてすばらしい役者の皆さんとこの11名でプレミアム吹替版を作れることに感動しています」と大役抜擢を喜んだ。

また、ル・フウ役の藤井隆は、発表会の司会を務めたフリーアナウンサーの中井美穂の表情を見やり、「いま(司会の)中井美穂さんもクスっと笑っていらっしゃいまして……『なぜ、あなたが?』っていうメッセージをいただいているんですけど、自分が一番、なぜなんだろうと思ってます」と会場の笑いを誘いつつ、「ディズニーの作品は愛してらっしゃる方がたくさんいらっしゃいますので、粗相のないように精一杯盛り上げていきたい」と意気込みを語った。

映画『美女と野獣』は、4月21日(金)全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top