大泉洋「探偵はBARにいる3」クランクイン目前に連ドラ出演中の「松田くんのスケジュールが心配」

松田龍平の告白に驚く大泉洋

『探偵はBARにいる』シリーズ第3作となる映画『探偵はBARにいる3』の製作発表会見が1日、都内で行われ、探偵・大泉洋、その助手・高田役の松田龍平、そして新ヒロインを演じる北川景子が出席した。


アジア最北の歓楽街である札幌・ススキノを舞台に、その街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描く『探偵はBARにいる』シリーズ。
今回の物語の始まりは、高田が持ち込んだ人探しの依頼。しかしその人物は札幌に進出してきた裏社会の人間たちにも追われていた。背景を探るうちに闇社会とも渡り合うモデルエージェンシーオーナーと出会う。謎に包まれた悪女は探偵にある依頼を持ちかけ、探偵と高田を翻弄するが、3人は闇社会を相手取ったとんでもない事態に巻き込まれ、高田が札幌を去るという驚愕の展開を迎える。

前作『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』から4年。主演の大泉洋は「『2』が終わった時から『3』をやると決定していたんですけど、台本づくりなどをじっくりやって、ついに最高に面白いものが出来上がる時がきたかなと、高揚しております」と新作に自信と意欲。
探偵の相棒・高田役の松田は「大泉さんが忙しかったせいでできなかった3がようやくできる」と話すと、すかさず「あなたこそ大丈夫?あなた連ドラやってるでしょ」と大泉からツッコミ。松田は現在放送中のTBSドラマ『カルテット』でバイオリニストを演じていることから「バイオリン弾いたりしながら、アクションをやります」と両立を目指すも、大泉は「バイオリン弾きながらアクションとか勘弁してほしい。何年も前から決まってたのに、なんで連ドラ(の仕事を)受けるの?」と松田に怪訝な表情を向けて笑いを誘った。
本作は2月中旬に北海道・札幌にてクランクイン。大泉は「本当に心配なのは松田くんのスケジュール。今撮ってらっしゃるドラマが『トリオ』っていうタイトルに変わるんじゃないかな。残りの3人でやってもらうしかない」と、会場をさらなる笑いの渦に巻き込んだ。

司会から脚本を読んだ印象を聞かれると、松田は「ちょっと、まだ……読んでなくて」と告白。案の定「ドラマが忙しくて……」との理由に、大泉は立ち上がって「嘘でしょ!? 読んでないの?」と爆笑。「絶対言わないほうがいいよ、それ。すごくないですか、この役者。自ら言う人は見たことない」と感嘆の息を漏らし、松田は「帰って読みます」と肩をすぼめていた。

映画『探偵はBARにいる3』は2017年冬公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top