広瀬すずら「チア☆ダン」モデル校にサプライズ登場 現役部員へエール

モデルとなった福井商業高校で舞台挨拶を行った広瀬すずら

4日、映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』に出演する、広瀬すず、中条あやみ、天海祐希と河合勇人監督が、映画のモデルとなった福井商業高校でサプライズ舞台挨拶を行った。


本作は、全米チアダンス選手権大会優勝という快挙を成し遂げた福井商業高校チアリーダー部の実話をもとにした感動の青春サクセスストーリー。広瀬すずをはじめ、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥らフレッシュなメンバーが福井中央高校チアリーダー部「JETS」の部員を演じ、生徒たちから恐れられる顧問の鬼教師役を、天海祐希が演じる。

学校側の全面協力を得て同校の体育館で行われたプレミア試写会には、現役JETSをはじめとした在校生700人強に加えて、たった3年で全米制覇を成し遂げた初代JETSをはじめとしたJETS・OGらも参加。上映中は会場のあちこちから生徒たちの泣き声が聞こえ、夢に向かって努力するJETSメンバーは現役、OG問わず大号泣する姿も見られた。

上映後の舞台挨拶では、劇中で天海祐希が演じる早乙女薫子のモデルとなった、JETSの顧問である五十嵐裕子先生と、彼女に導かれて入学からたった3年間で全米制覇を成し遂げた初代JETSのOG7名が登壇。自分たちの物語を映画化してくれたスタッフ・キャストへ涙ながらに感謝の言葉を述べると、河合監督の呼び込みで、広瀬すず・中条あやみ・天海祐希の3人が体育館後方からサプライズ登場。会場は先程まで泣き顔だった生徒たちの割れんばかりの大歓声に包まれた。

壇上で広瀬は「今まで色々な作品を経験してきたけど、その中でも最高に楽しかったと心から言える作品です!」と自信に満ちた表情で今回の映画への手ごたえを語り、五十嵐先生と天海が熱い抱擁を交わして、ひときわ大きな拍手が送られる一幕も。
さらに今年3月に開催される全米チアダンス選手権において、前人未到の5連覇がかかる現役のJETS部員に向けて、キャスト・スタッフが心を込めて、ひとつひとつ丁寧に折った千羽鶴ならぬ“千機ジェット”(JETSのチーム名に由来するジェット機)を、キャストを代表して広瀬から、現役JETSの部長を務める水越麻実さんにプレゼント。
広瀬から「キャスト・スタッフみんなで応援しています!自信を持ってがんばってください!」と現役部員たちに向けてエールが送られると、水越部長は「この映画を見て、全米大会で優勝したいという気持ちが一層強くなりました。今まで応援してくれた人々のために絶対に結果を残して恩返ししたいと思います!」と応えた。

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は、3月11日(土)公開。

広瀬すずコメント

この映画を通して色々な胸にささる言葉をいただきました。夢をかなえるために努力をして、色々な困難を乗り越えてきた人って本当に強くて、美しいんだなって改めて思いました。実際、わたしもこういう人になりたい、こういう人が近くにいたらうらやましいな、うれしいだろうなとかいろんなことを考えながら撮影に臨みました。ぜひ皆さんも努力することを忘れず、自分を信じて頑張ってもらいたいなと思います。

中条あやみコメント

五十嵐先生から“大丈夫”と書かれたお守りをいただいたんですけど、アメリカロケで踊っている際に、その“大丈夫”という言葉にかなり救われました。いままで頑張ってきたことを信じて、それを精一杯出せば大丈夫なんだと本当に思いました。実際のJETSでも「明るく、素直に、美しく!」という掛け声があるんですが、その言葉通り私も頑張りますので、自分を信じて皆さんにも頑張ってほしいです。

天海祐希コメント

 夢は絶対に叶うとは私は思いません、でも夢に向かって努力した道筋がとても大事で、努力をしたという事実が自分自身の自信につながっていくと思います。まずは皆さん、夢を持ってください。また、力強い確信は周りに伝染していきます。まさに五十嵐先生の“全米制覇”できるという強い確信がJETSを強くしたと思います。みなさんも是非、夢に向かう強い確信の震源地になってください。

河合勇人監督コメント

この映画に僕が込めた強いメッセージは、夢は必ず叶うんだということです。それは福井商業高等学校JETSのみなさんが全米チアダンス選手権で優勝したことで証明されました。みなさんがこの映画を観て、夢は必ず叶うという強い気持ちをもっていただいて、一人でも多くの方に夢を叶えていただきたいと思います。今日は本当にどうもありがとうございました。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top