市原隼人、初のファンイベントで手料理披露

料理の腕を振るう市原

俳優の市原隼人が4日、東京・芝浦のスタジオhue+にて、自身初のファンイベント『市原隼人”MEETING”produced by .cook』を行った。


会場には、市原の幼少期からの写真やデビュー作からの作品資料を展示したライブラリ、愛用のバイクKAWASAKI Z1を展示するなど、ファンを楽しませる鑑賞ブースが多数用意された。「写真は何千枚の中で自ら約200枚を選びました。バイクは4輪よりストリートに近く、自分的にひとりになれる時間が4輪より長いところが好きです。」と語る市原のこだわりが詰まったイベントとなった。

イベントでは普段よく作るという料理をファンへ振舞った。フランス料理の牛肉の赤ワイン煮である「ブフ・ブルギニョン」をライブクッキングで披露。その腕前は、サポートを行った.cookのスタッフも「手際が良い」と太鼓判を押すほど。
ファンから、普段どういう料理を作るのかと聞かれると「家でも作れる時に朝ご飯や夜ご飯を作ります。得意料理はイタリアンです。アサリやトマト、キノコのパスタをよく作ります」と料理好きの顔をのぞかせた。
そのほかトークセッションや、6日に30歳の誕生日を迎える市原にサプライズでバースデーケーキが贈られたり、最後には訪れた78人のファン全員と2ショット写真撮影を行い、ファンとの触れ合いを楽しんだ。

イベントの最後は「今日、皆さんに会えるのがとても楽しみでしたし、またこういった機会を作れればと思います。僕の中で深く心に残る1日となりました。一番最後に言いたいのは、本当にいつもありがとうございます。皆さんがいなかったら、役者やってないです。これからも頑張ります。今日の余韻を楽しんでください。ありがとうございました。」と挨拶して締めくくった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top