乃木坂46白石麻衣、橋本奈々未の卒業コンサートは「橋本が最高に輝くステージを」 自身の卒業は「まだかな」

2ndソロ写真集を発売した白石麻衣

乃木坂46白石麻衣が7日、2ndソロ写真集「パスポート」の発売を記念したお渡し会を開催。イベント前に報道陣の取材に応じた。


タイトルの「パスポート」は秋元康氏が挙げた候補のなかから自分で選んだ。白石は「『どこでも行ける』という意味でもあって、私も乃木坂の中でも、いろんなお仕事をして成長していけたらという想いを込めて選びました」と明かし、帯に寄せられた「白石麻衣は、もう、どこへでも行ける」という秋元氏の言葉が意味深では、と問われると「縛りなくなんでも挑戦したい。お芝居やファッションのお仕事にも興味があるので、そういうところでも1人の女性として成長できたら」とコメント。
同日、乃木坂46が3月22日にリリースする17thシングル(タイトル未定)の個別握手会に白石が参加しないことが公式サイトで発表されたことを受けて、卒業を心配するファンの声がネット上で飛び交っていると伝えられると、「それはまだかなと思います」と否定。
また2017年の抱負を求められ、「去年は個人でお芝居とかさせていただいたので、今年も何か映像系に出れたらと思いますし、グループとしても、2年連続で紅白に出させていただいたので、紅白常連を狙えるように。3期生も入ったので、また全員で頑張れたら」とさらなる飛躍を誓った。

さらに、同期の橋本奈々未の卒業が迫っていることに話が及ぶと、「本当に寂しい」と率直な思いを吐露。「ななみん(橋本)と過ごした日々はたくさん思い出があるので、考えただけで泣きそうなんですけど、ここまで一緒に頑張ってきた仲間の1人なので、最後まで笑顔で見送れたら」と話し、20日に開催される卒業コンサートに向けて「橋本が最高に輝くステージをみんなで作りたい」と意気込んだ。

乃木坂46ナンバーワンの美形と称される白石麻衣は、女性ファッション誌「LARME」のレギュラーモデル、「Ray」の専属モデルとしても活躍し、女性からの支持も厚い。
“おしゃれでセクシー”をテーマとした本書は、初めてのランジェリー撮影にも挑み、チャームポイントの透き通るような肌を惜しみなく披露。男性が魅了され、女性が憧れる白石麻衣の美しさを収めた一冊。初版は乃木坂46史上最高の10万部。さらに発売前重版が決定し、すでに累計発行部数13万部という話題作。

白石は「今回は衣装選びから写真のセレクトまで一緒に関わらせてもらったので、自分でも満足のいく一冊ができました」とニッコリ。お気に入りはベッドに横たわって満面の笑みを向けている一枚。「全開で笑ってる写真をあまり見せたことがなくて、私のファンの方で笑顔が好きと言ってくださる方が多いので、この1枚は私が選んで入れてもらいました」とこだわりを明かした。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top