土屋太鳳&松井愛莉&広瀬すず、女子高生たちとチョコづくり 男子高生の本音に共感&興味津々

「初チョコ女子とつくる 手づくりガーナバレンタイン教室」

女優の土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずの3人が9日、都内で行われたロッテのバレンタインイベントに出席した。


「初チョコ女子とつくる 手づくりガーナバレンタイン教室」と題された本イベントでは、3人が“今年初めて本命チョコを渡す”という現役女子高生6人と一緒に「ガーナミルクチョコレート」を使った“デコプチタルト”づくりに挑戦した。

チョコを焼き上げている間は現役男子高生5人を交えてトーク。女子高生たちが直接聞きにくいバレンタインに関する男子の本音を、土屋、松井、広瀬が男子高生から聞き出すことに。
「チョコはいつどんな風に渡されたらときめく?」という質問では、「人がいる中でこっそり手渡し」という回答に松井が食いつき、「なんか面白い。新しくていいなと思いました。でもなかなか難しいかも」とコメント。「今までにもらって嬉しかったバレンタインの思い出」では、「風邪で学校を休んでしまったけど家まで届けてくれた」という答えに、広瀬が「嬉しいだろうなと思う」と大きく頷いていた。
「どこでチョコを渡されたいか」という質問では、土屋が「夕陽がきれいな歩道橋の上」という回答が気になるといい、回答した生徒が「男子校に通っているので、ベタなんですけど理想です」と話すと、「私も女子校だったからよくわかる。妄想というより願望だよね」と共感。「ロマンチックだなって思いました」と胸をときめかせていた。

男子高生からは「今年は手づくりチョコを渡しますか?」と3人に逆質問。土屋は「渡します、というか渡しました」とすでに今年のバレンタインチョコを渡したことを告白。「一昨日、(出演している)映画の完成披露試写会があったんですけど、去年(ガーナのイベントで)教えていただいたガトーショコラをちょっとアレンジしたものを作って、監督やキャストさんにお渡ししました」と明かした。
広瀬は「2人に渡そうと思って、今朝、早起きして作ってきました。あとで渡します」といって土屋と松井を喜ばせ、「バレンタイン当日も撮影があるので、第2回戦が必要になりそう。スケジュールを確認しないと」と計画を練っていた。

イベントを終えて、土屋は「今日は素敵なチョコの作り方とメニューを教えていただいたので、コツを忘れないうちに作りたい。高校生の皆さんにお会いできて、キラキラした気分になれました」とニッコリ。
松井は「改めて男の子の意見を聞くと、また新たな発見があって楽しかった」と感想を述べ、「バレンタインに向けてこれから準備する方も多いと思うので、自分のやり方でそれぞれ楽しみながら気持ちを込めて作って、渡してもらえたらいいなと思います」とメッセージ。
広瀬は「素敵な時間をありがとうございました。同い年の皆さんと一緒にこういう時間を共有できるのはバレンタインならでは。学校の友達に『夕陽の前で渡すといいよ』って勧めたい」と笑顔を見せた。

3人が手づくりしたデコプチタルトは質問に答えてくれた男子高生たちにプレゼント。代表して土屋から手渡しされた高校生は「幸せです」と大感激だった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top