E-girls・Aya、Shizuka、山口乃々華が「夢の課外授業」 Ayaは地元の後輩たちに期待

3年生、5年生たちと

E-girlsのAya、Shizuka、山口乃々華が9日、Ayaの母校でもある大阪府・松原市立天美南小学校で開催された「夢の課外授業」にサプライズゲストで登場し、先生として小学生にダンスの授業を行った。


「夢の課外授業」は小中学生を対象に、各界で活躍する人物を講師として招き、実際に触れ合うことで「目標」や「夢」を持ってもらうことを目指すプロジェクト。2000年から開催されおり、これまでに多くの著名人が参加している。

イベントには1年生から6年生の全校生徒467名が参加。何も知らされていない生徒らの前に、「おどるポンポコリン」の楽曲に合わせてメンバーが登場すると大きな歓声が湧き上がった。そのままステージに登った3人が楽曲に合わせてスペシャルダンスパフォーマンスをすると、体育館はさらなる熱気に包まれた。

授業では、登場時に披露した「おどるポンポコリン」のパフォーマンスを指南。最初はなかなかうまく踊れなかった生徒たちも、3人に優しく丁寧に教えてもらうことで徐々に踊れるようになると、歌詞を口ずさみながらダンスを楽しむ様子が見られた。
身体を動かしてのレッスンが終わった後は、生徒たちがメンバーに質問。3人はそれぞれに小学校の頃の夢や今後の夢などを語り、同校出身のAyaが「松原市から未来のE-girlsが生まれることです」と地元の後輩に期待を込めると、生徒は目を輝かせて話に聞き入っていた。

生徒からメンバー3人へ、いつも授業で一生懸命練習をしているという英語の歌や手話の歌、校歌のプレゼントが贈られ、最後は記念撮影を行って全校生徒が作り上げた花のアーチをくぐって体育館を後にした。

授業を終えたAyaは「夢の課外授業には何度か参加させていただいたことがありますが、E-girlsとしてダンスを教えるのは初めてで、まさか自分の母校でできるなんて思ってもみなかったので嬉しかったです。子どもたちが元気でパワーに満ち溢れていたので、私も天美南小学校の生徒として6年間過ごすことができてとても幸せ者だなと実感しました」と感謝の気持ちを述べた。
山口乃々華は「貴重な機会に参加することができて嬉しかったですし、夢を伝える側になることに改めて責任を感じたので、自分にとっても勉強になった時間でした」と思いを新たにし、「改めてダンスは本当に楽しいものなんだと教えていただけた時間でした」というShizukaは、「ダンスは一瞬にしてみんなを笑顔にしてくれる力を持っているんだなと感じさせていただいたので、今後も自分にできることがあれば、この活動をもっと広めていきたいな思います」と力を込めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top