長澤まさみ、英語歌詞の吹き替えに苦戦「思い出したくないくらい大変だった」

女優の長澤まさみが16日、都内で行われたアニメーション映画『SING/シング』日本語吹替版の完成報告会見に出席した。


タイトル通り、「歌」が1つのテーマとなっている本作では、レディー・ガガの「バッド・ロマンス」や、ザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」といった誰もが聴いたことのある60曲以上のヒットソングや名曲が映画を彩るため、多くの吹替キャストが歌を披露。登場する楽曲はもちろん英語歌詞のため、発音の指導を受けたという。

パンクロックを愛する少女・アッシュ(ヤマアラシ)役の吹替を担当した長澤は「結構厳しく指導してもらって、なかなかOKが出なかった。英語で歌うにしても、ちゃんと言葉として聞き取れないとダメだという、そのジャッジが厳しかった。あんまり思い出したくないくらい大変でした」と苦笑。
大声でシャウトするシーンにも苦戦したそうだが、現在出演中のミュージカル『キャバレー』のために1年前からボイストレーニングに通っていたことが功を奏したようで、「私が大声を出すイメージがないと思う。でも頑張って大きい声を出しました。(ボイストレーニングに)通っていてよかった」と胸を撫で下ろしていた。

本作は『ミニオンズ』や『ペット』を送り出したユニバ ーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントのタッグによる新作アニメーション映画。
舞台は動物だけが住む世界。倒産の危機を迎えた劇場の支配人で粋なコアラのバスター・ムーンが、劇場を守るため人生最大の歌唱コンテストのプロデュースに乗り出す。自分の人生を変えるチャンスを掴もうと劇場に集まった個性豊かな動物たちを指導するうち、バスターは救いを必要としているのは劇場だけではないことを感じはじめる。

会見には長澤のほか日本語吹替キャストを務めた内村光良、トレンディエンジェルの斎藤司、大地真央、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守も出席。

ブタのグンター役のトレンディエンジェル・斎藤司は「どちらかというとブタというよりかはカッパという感じなので、お話をいいただいた時はできるかなと不安だった」と笑いを誘いつつ、「いざやってみたら監督から上手い上手いと褒めちぎられ、気づけば8時間の収録の予定が2時間で終わりました。天才ぶりを発揮しました」と自画自賛。
さらに、動物たちがそれぞれの人生を変えるためにオーディションに参加するという物語にちなみ、人生が変わった瞬間を聞かれると、宮野が「7歳から子役をやっていたんですけど、18歳で声優のお仕事を初めてやらせてもらって世界が広がった」、長澤が「東宝シンデレラ(オーディション)に受かった時から人生が変わったなと思います」と話すなか、斎藤は「M-1といいたいところなんですけど、23歳の頃、禿げてきた時。あの時に人生と頭皮が切り開かれましたね。間違いなくあの時ですね」とおどけて会場を爆笑させた。

本作の日本語吹替キャストには、会見に出席した7人のほか、MISAやスキマスイッチの大橋卓弥らミュージシャンも参加。内村は「もちろん本職の方ですから圧倒的に(歌が)上手いんですけど、それよりビックリしたのがお芝居が上手い。やってたの?っていうくらい台詞が上手くて、そっちでもビックリしました」と感心しきりだった。

映画『SING/シング』は3月17日公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top