原菜乃華主演「はらはらなのか」松井玲奈、チャランポら出演の予告編&追加場面写真公開

映画『はらはらなのか』

13歳の新星・原菜乃華、松井玲奈、吉田凜音、チャラン・ポ・ランタンらが彩る映画『はらはらなのか』の予告映像と追加場面写真が公開された。


予告編では主演の原菜乃華が2役を演じていることが明らかとなり、チャラン・ポ・ランタンの主題歌「憧れになりたくて」や、ミュージカルシーンなど初お披露目になる映像が盛りだくさんな内容となっている。

本作は、子役から女優への転換をしきれない12歳の少女ナノカが、女優だった亡き母の残した演劇集団・Z-Lionの舞台とめぐり会い、喫茶店の店主・リナや劇団の奇妙な仲間たちと触れ合いながら、大人の階段を少しずつ歩き始めるファンタジック・ストーリー。

原菜乃華演じるナノカを導く喫茶店の店主・リナには、舞台・ドラマ・映画などジャンルの枠を飛び越えて活躍中の松井玲奈。ナノカが憧れる生徒会長には、大注目の16歳のポップスター・吉田凛音。大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のOPテーマを手がけるなど話題沸騰のチャラン・ポ・ランタンら、華やかで個性的なキャストたちと音楽が物語を彩る。
監督を務めるのは、前作『いいにおいのする映画』(15)がMOOSIC LAB 2015でグランプリ・観客賞ほか6冠に輝いた、25歳の新鋭・酒井麻衣。

映画『はらはらなのか』は4月1日公開。
なお、3月4日にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭にてワールドプレミア、3月7日には新宿武蔵野館にてキャストによる舞台挨拶付きの特別先行上映が予定されている。





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top