元NMB48・岸野里香、新バンド「Over The Top」で今夏デビュー

岸野里香が結成する新バンド「Over The Top」

NMB48の岸野里香が、ロックバンドのヴォーカルとして今夏にメジャーデビューすることがわかった。


昨年10月に大阪・NMB48劇場で開催されたNMB48・チームN公演「ここにだって天使はいる」岸野里香卒業公演をもって、NMB48を卒業した岸野里香が、卒業公演での「また皆さんの前に帰ってくる」というファンとの約束通り、シンガーへの転身を果たす。

岸野里香が結成したバンド名は“Over The Top”。紅一点のヴォーカル・岸野里香を支えるバンドメンバーには、元チリヌルヲワカのギター・坂本夏樹、元universeのベース・永見和也、元the Lampsのドラム・田中裕基と、バンドの経験値の高い実力派メンバーを揃え、本格的なバンドサウンドとなるという。

バンドのメジャーデビューに向けて、岸野は「これからの活動は、今まで以上に厳しいと思うけど、期待を遥かに超えていかなければいけないし、超えたいと思っています」と、“限界を超えて”というバンド名の体現を誓っている。

デビュー曲の発売日や楽曲の詳細は、本日より公開されたバンドのオフィシャルサイトにて随時発表される予定。

■Over The Topオフィシャルホームページ 
http://over-tt.com

岸野里香コメント

グループの中で歌を歌って凄く楽しいと思う私と。このままでいいのかな?もっと私から皆さんに伝えたい!と思う私がいました。でも自分に自信を持てなくて、辞めてしまおうと考えたこともありました。

それでもふと自分の好きな音楽を聴くと、やっぱり音楽をやりたい!私は音楽が好きなんだ!と気持ちが自然と前向きになっていきました。
この気持ちをこのまま無視してしまったら絶対に後悔すると思い、今度は自分が中心となって音楽を届ける人になるんだと決意しました。

これからの活動は、今まで以上に厳しいと思うけど、期待を遥かに超えていかなければいけないし、超えたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top