広瀬すず&中条あやみがUSJのスペシャルイベントに登場「やり過ぎるって最高!」

広瀬すず&中条あやみがUSJ「リ・ボーン・パーティ」に登場

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(3月11日公開)に出演する広瀬すずと中条あやみが20日、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われたイベントに登場した。


2人がサプライズ登場したのは1日限りのスペシャル・イベント「“やり過ぎ” リ・ボーン・パーティ」。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのキャラクターたちとともに、チアダンスを象徴するアイテムである“ポンポン”を持って登場すると、1日限りのオリジナルダンスを披露。広瀬の「やり過ぎるって最高!みんなでやり過ぎましょう!」という掛け声に合わせて、やり過ぎな量のコンフェティ(紙吹雪)が吹き乱れ、会場は大盛り上がりだった。

昨年開業15周年を迎えたユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)さあ、やりすぎよう、生き返ろう。」をテーマに、新アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」をはじめ、15周年記念の「ユニバーサル・RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)・パレード」など、“やり過ぎ”エンターテイメントを展開中。今回の2人の登場は、「チアダンスで世界最高」という大きな夢に“やり過ぎ”なほどの情熱を持って挑戦し、“できっこない”ことを見事達成するという映画の内容と、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが互いのコンセプトに共感したことから実現。

主演の広瀬は「“やり過ぎ”るって、ウワーってなって、最高!こんなに皆で1つになれる機会はないです。大熱狂ってこういうことなんだと思いました。映画は、全米制覇という夢を叶える、“やり過ぎ”リ・ボーン・パーティに負けないくらいの、最高のストーリーになっています。是非ベスト・フレンドと映画館に足を運んでもらえたら嬉しいです。」と作品をアピールした。

また2人は『スペシャル・リ・ボーン・パーティ』に先駆けて、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」内でマジカル・ワンド(魔法の杖)を使って、魔法体験にもチャレンジ。「インセンディオ(炎よ)」や「メテオロジンクス(雪よ)」の呪文を唱えて火を出したり、雪を降らすなど、魔法界ならではの体験に大興奮。
中条は「杖の使い方が難しかったけど炎が出たり、雪が降ったり、本当に魔法を使うことができて、夢が叶う場所で楽しかったです。次はJETSのメンバーみんなで来たいと思います。」と共演者たちとの再訪を誓った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top