乃木坂46、バースデーライブ2日目に3期生&乃木團が登場 舞台&映画プロジェクトのサプライズ発表も

「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」Day2

21日、乃木坂46のデビュー5周年を記念する「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」が、さいたまスーパーアリーナで2日目の公演を迎えた。


初日に開催された、橋本奈々未の卒業コンサートの余韻が会場にまだ残る中、前半ブロックで「裸足でSummer」「走れ!Bicycle」「命は美しい」と、アッパーなシングル表題曲を立て続けに披露し、一気に会場のボルテージはヒートアップ。
中盤では、2016年9月に加入したばかりの3期生がBIRTHDAY LIVEのステージに初登場し、「人はなぜ走るのか?」「羽根の記憶」、そして2016年にグループを卒業した深川麻衣のソロ曲「強がる蕾」を全員で熱唱。深川、橋本とグループを離れた2人のいない寂しさを払拭させる程に、3期生が新たな風を巻き起こしてくれる予感を感じさせてくれた場面であった。

その後も、能條愛未(Vo)・川村真洋(Gt)・中田花奈(Ba)・和田まあや(Key)・齋藤飛鳥(Dr)によるバンド・乃木團の生演奏や、西野七瀬・白石麻衣・生田絵梨花がそれぞれのソロ曲を披露するなど、2日目のBIRTHDAY LIVEもバラエティに富んだ内容となった。

アンコールでは、ビッグコミックスピリッツに連載中の青春漫画「あさひなぐ」の初の映画&舞台化に、乃木坂46のメンバーが出演することがサプライズ発表された。
舞台の主役に抜擢された齋藤飛鳥は「舞台は初めてで本当に不安ですが、一緒に出演する生駒ちゃんや若月は、たくさんの舞台を経験してきているので、色々と教えてもらいながら頑張りたいです!」とコメント。
映画の主演に抜擢された西野七瀬は「不安だらけですが、原作のファンの方にも喜んでもらえるような作品にしたいです」と意気込みを語った。
なお舞台版では齋藤飛鳥に加え、乃木坂46から井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子が出演することも発表されている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top