主演の神木隆之介、完成披露で有村架純・染谷将太・佐々木蔵之介・豊川悦司・倉科カナら豪華キャストのトークを仕切る

『3月のライオン』完成披露試写会

映画『3月のライオン』の完成披露試写会が22日、都内で行われ、主演の神木隆之介をはじめとするキャストが舞台挨拶を行った。


本作は羽海野チカの同名人気コミックを前・後編2部作で実写化。幼い頃に交通事故で家族を亡くし、東京の下町で一人暮らしながら、孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続ける17歳のプロ棋士・桐山零(神木)が、ライバル棋士たちとの対局や同じ下町に住むあたたかな三姉妹との交流を通じ成長していく姿を描く。

壇上には神木をはじめ、有村架純、倉科カナ、染谷将太ら11人の豪華俳優陣が集結。MCから「エピソードについて自由にクロストークしてください」と振られると、はじめにマイクを握った神木が「対局中が大変で、ずっと正座をしているわけですよ。しかも監督が長回しをするので、足がしびれてしびれて・・・」と撮影中の苦労を明かす。零を導くプロ棋士・島田を演じた佐々木蔵之介に「ね、蔵さん。本番終わってカットかかった瞬間、『いてててて・・・』ってなってましたよね」と同意を求めると、佐々木は「そうそう。対局のあと2週間は立ち上がれなかった。本当に足腰が痛くなって。棋士の方ってすごいよね」と応じる。続けて神木が「どなたか語りたい方、いらっしゃいませんか?」とキャストを見回すと、豊川悦司が手を挙げ「僕はもうベテランなんで、将棋盤の前は掘りごたつにしてもらってました」と嘘ぶいて会場を笑わせた。

(左から)神木、有村、豊川

(左から)神木、有村、豊川

神木は続けて、零の義理の姉・香子を演じた有村に「有村さん、何かありますか? 楽しかったエピソードとか」と質問。有村は「神木くんと同じシーンが多くて、撮影の間、枕の下に何か忍ばせているなと思って見たらチョコレートが隠されてて、『これなに?』って聞いたら『食べていいよ〜』って」と口調を真似て、現場での神木のお茶目な一面を暴露。
さらに「え〜どうしますかね。じゃあ、染ちゃん」と零のライバル棋士・二海堂晴信を演じた染谷に振ると、染谷は「ここから全部、隆が仕切っていくつもりなの?」とツッコミを入れつつ、「だいたい皆さんが現場に来る時は自分はもう二階堂メイクになっていて、皆さんが帰る時は二階堂メイクでさよならするので、佐々木さんとは今日素顔で初めてお会いしました」と、2時間に及ぶ特殊メイクで挑んだ二階堂役を振り返った。

川本家の三姉妹を演じた倉科カナ、清原果耶、新津ちせの3人には「撮影の前に三姉妹の皆さんが実際に(撮影に使われた)あの家に泊まったんですよね?」と質問。倉科は「お泊まり会をしたんです。スーパーに行って、ご飯つくって、もも(新津)をお風呂に入れて、ひな(清原)に着替えさせてもらって、夜はご本読んでって言うから読んで・・・楽しかったよね」と2人と笑顔を交わす。神木は「その三姉妹の空気っていうのが映画でもやっぱり確実にあるんですよね。だから僕も現場で、三姉妹の輪の中には入れなかった。やっぱり確固たる三姉妹の家族の絆があったので」としみじみと振り返っていた。

舞台挨拶にはそのほか、前田吟、中村倫也、奥野瑛太、大友啓史監督が登壇。中村は終始トークを仕切った神木に「こんなに喋る主演っているんだなって、今思ってます」と感心していた。

映画『3月のライオン』は前編が2017年3月18日(土)、後編が4月22日(土)より全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top