武田玲奈、35万人が涙した感動の実話映画化で渡辺俊美とW主演

Twitterで8万人がリツイート、26万人がいいねをした感動の実話が映画化され、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美と女優でグラビアモデルの武田玲奈がダブル主演することがわかった。


高校3年間、娘のためにお弁当を毎日作り続けた父親とそのお弁当を毎日食べた娘。高校最後のお弁当には父親からの「高校に入って初めてのお弁当」の写真と手書きの手紙が添えられていた。

本作が映画初主演となる渡辺俊美が父親役を演じ、人気急上昇中の武田玲奈が娘役を演じる。
自身も高校生の息子のために3年間休むことなく弁当を作り続けた過去をも持つ渡辺は「素敵な小さな父娘の物語に携わる事が出来てとても嬉しいです」と出演に感無量。武田は「私もお父さんと仲が良いので重なる部分もありましたし、普段から『感謝する気持ち』を忘れてはいけないと感じました。この心温まるお話が映画化されるということで、出演させていただくことを光栄に思います」とコメントしている。

監督はandymori、ONE OK ROCK、9mm Parabellum Bulletなどのビデオクリップを手がけ、MTV VMAJでは最優秀ロックビデオ賞を受賞するなどロックシーンで素晴らしいミュージックビデオを作り続けるフカツマサカズが担当する。主題歌には史上最年少での東京スカパラダイスオーケストラのゲストボーカルに抜擢され、日本人女性初のギターブランド エピフォンの公認アーティストとして認定されている若手女性アーティスト片平里菜の新曲「なまえ」が抜擢された。

映画『パパのお弁当は世界一』は、2017年劇場公開予定。

■映画「パパのお弁当は世界一」公式サイト
http://papaben-movie.com/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top