千葉雄大&馬場ふみか、監督に絶賛され照れ笑い「いい監督ですね」

千葉雄大と馬場ふみか

俳優の千葉雄大とモデルで女優の馬場ふみかが23日、都内で行われたドラマ『FINAL FANTASY XIV 光のお父さん』の製作発表記者会見に出席した。


人気ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」の初の実写化となる本作は、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のプレイヤーブログ「一撃確殺SS日記」で連載されていた「光のお父さん」シリーズが原作。ゲーム好きの息子が「ファイナルファンタジーXIV」を通して父親に親孝行するという実話をもとにした物語。

実写映像とゲーム映像を織り交ぜて構成されているのが特徴で、主演の千葉は「僕たちが演じる監督とまた別にゲームパートの監督もいらっしゃって、その演出されている画面を見ながら僕たちがお芝居をするというのは本当に初めての経験だったので、なかなか勝手が難しいと思った」と独特の演出法に苦労したことを明かす。「でもそれぞれのゲームのキャラクターがあったかくて、大杉さん演じるお父さんが画面から温度を感じられるお芝居をしてくださったので、すごくやりやすかったです」と初共演の大杉漣に感謝。
馬場は「現場がアットホームな雰囲気だったので撮影中は楽しくお芝居させていただきましたし、皆さんに助けられて演じることができたかなと思います」と撮影を振り返った。

ドラマ部分の監督を務めた野口照夫監督は2人について「馬場さんは腹が座ってるなと。堂々としてて、自然体な芝居をする人だなと感じました」と印象を語り、「これからすごく出てくる方なんだろうなと思う。たぶんもう今後(一緒に)仕事してもらえないのかな」と冗談めかしながらも馬場のブレイクに期待。千葉については「また是非ご一緒したいと心の底から思ってます」といい、「真面目なんですよね。1つ1つのことをすごい真剣に考えてくれて、監督としては非常に楽をさせてもらえるというか、非常にありがたい。素晴らしい役者さんだなと思いました」と絶賛した。
褒めちぎられた2人は「恥ずかしいですね」と照れ笑いを浮かべながら、千葉は野口監督の肩に手をかけて「いい監督ですね」と嬉しそうだった。

スケジュールの都合で会見は欠席となった大杉漣はVTRで出演し、「深夜に放送されるドラマですけど、ちゃんと心に届くドラマになっていると思います。スタッフとキャストが一丸となってこのドラマに向き合って、戦った日々があります。1人でも多くの方に見ていただきたい」とメッセージを寄せた。

会見では主要キャスト、主題歌、エンディング曲も発表。主題歌はGLAYの書き下ろしの新曲「the other end of the globe」、エンディングはSILENT SIRENの「AKANE」に決定。
キャストはこれまでに主人公・稲葉光生役の千葉、その父・稲葉博太郎の大杉漣、ヒロインで光生の同僚の新人OL・正田陽子の馬場ふみかの出演が発表されていたが、今回新たに光生の母・貴美子に石野真子、千葉を支えるやり手の先輩役に袴田吉彦、大杉漣の友人で大企業の社長役に長谷川初範の出演が明らかとなった。

ドラマ『FINAL FANTASY XIV 光のお父さん』は、MBSおよびTBSのドラマイズム枠にて4月より放送。
会見にはほかに、ゲームパートで千葉雄大が操作するマイディーの声を演じた声優の南條愛乃、エンディングテーマを歌うSILENT SIRENらも出席した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top