飯豊まりえ&[Alexandros]、4年越しの夢叶い感慨

映画『きょうのキラ君』初日舞台挨拶

女優の飯豊まりえと4人組ロックバンド[Alexandros]が25日、映画『きょうのキラ君』の初日舞台挨拶に登壇。4年越しの夢が叶ったことを明かした。


[Alexandros]は本作で主題歌「今まで君が泣いた分取り戻そう」を担当。ラブソングを歌うことが比較的稀なバンドだが、川上洋平(Vo./Gt.)は「1度きりの人生で、大切な人に思いを伝えなきゃなと、手遅れになったら嫌だなと、そういうことを考えた時にパッと歌詞が出てきた」と制作時を振り返り、「本当にピッタリな感じで使っていただけて光栄でした」と語る。

ヒロインを演じた飯豊まりえは、「実は4年前に[Alexandros]さんの『涙がこぼれそう 』という曲のPVに出させていただいた時に、洋平さんが、私が初めて主演をするような映画があったら『そこで主題歌をやりたい』と言ってくださっていた」とバンドとの知られざるエピソードを告白。「それが4年越しに本当に実現して、すごく驚いています。主題歌が[Alexandros]さんと初めて聞いた時は『嘘!?』と思って、本当に夢は叶うんだなって思いました」と感無量の表情を浮かべていた。

本作は、「近キョリ恋愛」「午前0時、キスしに来てよ」で知られる人気少女漫画家・みきもと凜の同名漫画を、『海月姫』『L・DK』など様々なラブストーリーを手掛ける川村泰祐監督が映画化。
女性向けファッション誌「ViVi」の「国宝級イケメンランキング」で1位に輝いた中川大志が学校中の女子が憧れるキラを演じ、ヒロインのニノを「Seventeen」モデルも務める注目の若手女優・飯豊まりえが演じる。

初日舞台挨拶には、中川大志、葉山奨之、平祐奈、川村泰祐監督も登壇。終盤では原作者・みきもと氏からの手紙が読み上げられ、「中川さんのキラは全てのシーンを熱弁できるくらい完璧なキラでした。中川さんがキラを演じはじめた頃、辛そうな状況なのをブログで拝見して、いたたまれない気持ちになりました」「同時に中川さんが本気でこの役に向き合ってくださっているんだと実感し、この人がキラで良かったと胸が熱くなりました。『主演 中川大志』という文字が私の宝物になり、自慢になりました」と温かい言葉をかけられた中川は、「現場は楽しいこともあったけど、正直僕のなかでは辛いこともあって、毎日現場で悩みました。ただ今日、初日を迎えられて、そしてみきもと先生からもありがたいお言葉をいただいて、この作品に出会えたことが役者として宝物だなと改めて感じています」と苦労を乗り越えての初日に喜びを噛み締めていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top