葉山奨之、先輩・綾野剛の座を狙う? 次は「ハヤマサンドロスで」

映画『きょうのキラ君』初日舞台挨拶

25日、映画『きょうのキラ君』が公開初日を迎え、俳優の中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、主題歌を歌う[Alexandros]、そして川村泰祐監督が都内の劇場で舞台挨拶を行った。


[Alexandros]は現在、NTTドコモ「ドコモの学割」のCMで葉山の事務所の先輩にあたる綾野剛と共演中。舞台挨拶で、「365日一緒にいます」という劇中の印象的なセリフにちなみ、365日後の目標を聞かれた葉山は、「365日後、その座を奪いたい。“アヤノサンドロス”じゃなく“ハヤマサンドロス”で、[Alexandros]さんとまた一緒に仕事できたら」と野心をのぞかせる。
川上洋平(Vo./Gt.)は「光栄です」と葉山の熱視線を受け止め、「我々が引き続き(CMに)使っていただけるかわからないんですけど、使っていただけるなら、綾野さんは別にもう・・・」と綾野からあっさり鞍替えして会場の笑いを誘った。

本作は、「近キョリ恋愛」「午前0時、キスしに来てよ」で知られる人気少女漫画家・みきもと凜の同名漫画を、『海月姫』『L・DK』など様々なラブストーリーを手掛ける川村泰祐監督が映画化。
女性向けファッション誌「ViVi」の「国宝級イケメンランキング」で1位に輝いた中川大志が学校中の女子が憧れるキラを演じ、ヒロインのニノを、「Seventeen」モデルも務める注目の若手女優・飯豊まりえが演じる。

[Alexandros]は主題歌に加え、川上洋平(Vo./Gt.)が映画に友情出演していることでも話題となった。
当時について川上は「映画の現場を目撃というか拝見させていただいたのも初めてだし、裏側に入るのも初めてだったので、映画ファンとして大興奮の1日だった」と目を輝かせ、「監督、キャストの皆さん、スタッフの皆さん、1人1人の熱い想いがめちゃくちゃこもっていて、これはちょっとのほほんと構えちゃまずいなと思って、頑張りました」と撮影を回顧。
そんな川上の映画初出演について、メンバーの磯部寛之(Ba.&Cho.)が、「17年このバンドにいるんですけど、彼は本当に昔から映画が好きで、1人の映画ファンのキッズだった洋平が晴れて友情出演という形で出させていただくということで、メンバーとしては涙がちょちょぎれる思いで見させてもらいました」と語れば、白井眞輝(Gt.)は、「洋平とは高校の時からの付き合いで、彼は英語の特進のコースだったので、それが本当に英語の先生をやっていたので、面白いなと思って見てました」と付き合いの長いメンバーならではの万感の思いを明かした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top