嵐、3年連続5度目の「日本ゴールドディスク大賞」 AKB48・欅坂46・SMAP・星野源ら各賞受賞

第31回 日本ゴールドディスク大賞

「第31回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品・アーティストが発表され、この1年間に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー 」の邦楽部門は、3年連続5度目となる嵐が受賞した。


「第31回日本ゴールドディスク大賞」は、2016年1月1日から12月31日までの売上実績に基づき各賞を授与。アーティスト・オブ・ザ・イヤーは、対象期間中の作品・楽曲の正味売上金額合計が最も多いアーティストに贈られる。

期間中にシングル3枚、アルバム1枚、映像作品2作品をリリースした嵐は、アルバム87万9,140枚、シングル2,19万9,436枚、音楽ビデオ1,26万9,802枚を売り上げ、3年連続5度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)に輝いた。
受賞を受けてメンバーは「最新アルバムのタイトルは『Are You Happy?』ですが、4月スタートの9年振りのアリーナツアー『“Japonism” Show in ARENA』や、11月からの5大ドームツアー『LIVE TOUR2016-2017 Are You Happy?』など年間を通してファンの方々を近くに感じることができた、僕たち自身がまさにHappyな1年でした」と2016年を振り返り、「今年も作品やメディア、ステージを通じてたくさんのHappyをお届けできるよう頑張ります!!」と2017年も変わらぬ活躍を誓っている。

なお嵐はアルバム「Are You Happy?」で「ベスト5アルバム」(邦楽)を、「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」「ARASHI BLAST in Miyagi」の2作品でそれぞれ「ベスト・ミュージック・ビデオ」(邦楽)を受賞し、合計4冠を獲得している。

「日本ゴールドディスク大賞」は、日本レコード協会が1987年に制定し、以来毎年当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティストおよび作品を顕彰しているもの。「CD、 音楽ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」という客観的な指標に基づいて選考される。
「第31回日本ゴールドディスク大賞」では、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)を欅坂46、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)をSMAPの「SMAP 25 YEARS」、「シングル・オブ・ザ・イヤー」をAKB48の「翼はいらない」、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(邦楽)を星野源の「恋」がそれぞれ受賞した。

アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽) :嵐

いつも応援していただきありがとうございます!皆さまのおかげで、栄えある賞をいただくことができました。最新アルバムのタイトルは「Are You Happy?」ですが、4月スタートの9年振りのアリーナツアー「“Japonism” Show in ARENA」や、11月からの5大ドームツアー「LIVE TOUR2016-2017 Are You Happy?」など年間を通してファンの方々を近くに感じることができた、僕たち自身がまさにHappyな1年でした。そして今年も作品やメディア、ステージを通じてたくさんのHappyをお届けできるよう頑張ります!!

ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽):欅坂46

この度は、ベスト5ニューアーティスト、ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞させていただき、本当にありがとうございます。
このような賞を受賞させていただき、本当に嬉しいです。
2017年も欅坂46チーム一丸となって、精一杯頑張ってまいりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いします。
(欅坂46 菅井友香、守屋茜)

シングル・オブ・ザ・イヤー:AKB48「翼はいらない」

■センター:向井地美音
初めてセンターを務めさせて頂いたので、私自身、とても思い入れのある曲です。またAKB48として初のフォーク調のこの曲が、幅広い年代の方に聴いていただけたことを、とても嬉しく思っています。

■AKB48グループ総監督:横山由依
いつも応援してくださっている皆さまのおかげで、7年連続でシングル・オブ・ザ・イヤーをいただけることになりました。本当にありがとうございます。これからもどうぞAKB48をよろしくお願いします。

ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(邦楽):星野源「恋」

素晴らしい賞をいただき、とても嬉しいです。9枚目のシングル「恋」のリリースは10月だったこともあり、まさか「SONG OF THE YEAR BY DOWNLOAD」をいただけるとは思っていませんでした。初めて、ドラマの出演と主題歌を同時に担当した記念すべき作品が、この年一番ダウンロードしてもらえた曲になれたことを心から嬉しく思います。チームのスタッフのみんな、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」関係者の皆さん、本当にありがとうございます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top