【第40回日本アカデミー賞】岩田剛典・高畑充希・橋本環奈・坂口健太郎ら新人俳優賞受賞 二宮和也が祝福

「第40回日本アカデミー賞」新人俳優賞受賞者

第40回日本アカデミー賞の授賞式が3日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、岩田剛典坂口健太郎、佐久本宝、千葉雄大、真剣佑、杉咲花、高畑充希、橋本環奈が新人俳優賞を受賞した。


昨年、『母と暮せば』で最優秀主演男優賞を受賞した嵐の二宮和也が1人1人に表彰状を手渡すと、「おめでとうございます。新人賞に僕はすごく憧れがありまして……頂けないまま新人じゃない人になってしまったので」と会場の笑いを誘いつつ、「皆さんのことを非常に尊敬しておりますし、次回は作品で関われたらと思います」と8人を祝福した。


岩田と高畑はともにダブル主演を務めた『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で受賞。同作は仕事も恋も上手くいかない高畑充希演じるOLのさやかが、岩田剛典演じる植物好きで家事万能のミステリアスな樹と同居することになり、恋に落ちていく物語。
岩田は、「この作品で新人賞を頂けて心から幸せです。映画の樹とさやかダブルで新人賞を受賞させていただけて本当にうれしく思います。」と高畑と揃っての受賞を喜んだ。普段は三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEでアーティストとして活動をしている岩田。普段の自分とは違う役を演じてみた感想を聞かれると「ギャップを楽しんでやっていました」と答え、「メンバーから『がんちゃん(岩田)が植物図鑑やるなら、俺は筋肉図鑑やるよ』と、いじられました」とエピソードも明かした。
高畑は「初めて主演をさせて頂いた映画で、こんな素敵な賞を(岩田と)並んで受賞できたことをとても幸せに思います。」とニッコリ。「母にメールで伝えたら有言実行おめでとうと言われて、有言かな?と思っていたのですが、子どもの頃に日本アカデミー賞をテレビで見てこのレッドカーペットを将来歩くと言ったらしくて……叶ってよかったです。」と感無量の様子だった。


『64ーロクヨンー前編』『64ーロクヨンー後編』で、情報を制限する県警の広報部に情報開示を求める若手新聞記者・手嶋を演じた坂口は「映画が好きでお仕事を始めさせていただいて。この舞台に立たせて頂けるとは思っていなかったので嬉しいです。本当にありがとうございました。」と笑顔を見せた。
本作では佐藤浩市をはじめとする映画界の大先輩たちと共演したことに触れ、「浩市さんが役として戦っている姿を近くで見せてもらえるというのは貴重な経験でした」と撮影を振り返り、「浩市さんがぶつかってこいと言ってくださってくれたからこの役ができたのだと思います。本当にありがとうございました」と同作で優秀主演男優賞を受賞した佐藤浩市に改めて感謝を伝えた。

『セーラー服と機関銃ー卒業ー』で、過去に薬師丸ひろ子、長澤まさみらが演じてきた主人公・星泉役で主演した橋本環奈は、映画初主演のプレッシャーを跳ね除け、好演。「名誉ある賞を頂いたのは作品に関わったすべての皆様のおかげだと思います。謙虚に誠実に演技の道に捧げる覚悟で日々精進していきたいと思います」と決意を新たにしていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top