宮沢りえ&杉咲花が“母娘”受賞【第40回日本アカデミー賞】

第40回日本アカデミー賞の授賞式が3日、東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われ、『湯を沸かすほどの熱い愛』で母娘を演じた宮沢りえと杉咲花が、それぞれ最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞を受賞した。


最優秀助演女優賞を受賞した杉咲花は、『湯を沸かすほどの熱い愛』で、いじめに遭う引っ込み思案な性格の少女から強くたくましい女性に変わっていく安澄を演じた。
昨年、『日本のいちばん長い日』で最優秀助演男優賞を受賞した本木雅弘から名前を読み上げられると、同作の中野量太監督と抱き合い、壇上へ。受賞スピーチでは、感極まり、声を震わせながら「本当にありがとうございます。今日が怖すぎて2週間くらい前から眠れなくて……やっと眠れたと思ったら悪夢とか見たりして……」と同賞への重圧を明かした。授賞式前日に宮沢りえとメールをしていたことを明かし、「『明日どうしよう』と送ったら、『どんな結果であっても、得たものは変わらないから』というメールを頂いて本当にそうだなと思って。一番幸せなのは……この作品に、携わらせて頂けたこと。でもやっぱり嬉しいです。」と涙ながらに喜びを語った。

最優秀主演女優賞:宮沢りえ

最優秀主演女優賞:宮沢りえ

宮沢はスケジュールの都合により、授賞式途中で退席。最優秀主演女優賞発表時には代理で中野監督と娘役を演じた杉咲花が登壇し、宮沢に代わってブロンズを受け取った。
中野監督は「映画少年でも何でもなかった僕が小学生の時、何度も何度も繰り返し見た映画がありました。それが『僕らの七日間戦争』でした。今思うとその時の主演の宮沢りえさんが、僕に映画をやれといってくれたのかもしれません。それで今回初めての商業映画で、僕に映画を教えてくれた、りえさんと映画をやれるんだと思った時、本当に嬉しかったです」と宮沢への特別な思いを告白。
同作で宮沢演じる双葉の娘を演じ、母娘で最優秀賞を受賞することになった杉咲花は、撮影が終わった今もお世話になっていると話し、「たくさん教えてもらったことがあって、この先ずっと忘れられないことばかりで……やっぱりお母ちゃんすごいなと思いました。おかあちゃんに代わって言います。映画を見てくださった皆さんのおかげです。ありがとうございます。」と感無量の様子だった。

宮沢は『たそがれ清兵衛』(26)、『紙の月』(第38回)に続き、今回で3回目の最優秀主演女優賞受賞となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top