「3月のライオン」後編に出演の伊勢谷友介が有村架純を“腹黒”扱い 神木も被害訴える

『3月のライオン』前編・後編イッキ見試写会

映画『3月のライオン』の「前編・後編イッキ見試写会」が5日、都内の劇場で行われ、神木隆之介有村架純、大友啓史監督に加え、『後編』に出演していることがこの日解禁となった俳優の伊勢谷友介が出席した。


本作は羽海野チカの同名人気コミックを前・後編2部作で実写化。幼い頃に交通事故で家族を亡くし、東京の下町で一人暮らしながら、孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続ける17歳のプロ棋士・桐山零(神木)が、ライバル棋士たちとの対局や同じ下町に住むあたたかな三姉妹との交流を通じ成長していく姿を描く。

伊勢谷が演じるのは、母を亡くした幼い3姉妹を捨てて家を出て行ったにもかかわらず、3姉妹の前に突如姿を現す放蕩な父親役。
サプライズで登場した伊勢谷は「好き勝手生きるのも意外と悪くないと思っております」と第一声。「彼は本当に好き勝手生きていることを悪く思っていなくて、純粋無垢にそれをやってみてるだけ。昔はこういう人いたよねっていうところはあると思うんですけど、それを現代でやったら強烈になったみたいな感じ。現場では自分の中で当たり前の役をやらない感じは刺激的でした」と演じた役どころを振り返った。

映画『るろうに剣心』などで大友組に参加している伊勢谷。キャスティングについて、大友監督は「これは不思議なんですけど、脚本作ってて伊勢谷さんの顔が浮かんじゃったんです。これ伊勢谷さんがやったら面白いなって思っちゃったということに尽きる」と秘話を明かした。
すると伊勢谷は唐突に「でも有村さんは性格がぴったりだったからこの役なんですよね?」と有村のキャスティングに話題を転換。気性が激しく、時に神木演じる桐山零につらく当たる義理の姉・香子を演じた有村は「全然違う、と思ってるんですけど……」と困惑顔。「そうなんですか?」と伊勢谷に振られた神木は「違うわ。さっきも取材で『私と違うから大変だった』って言ってましたもん」と突っ込みながら、優しくフォロー。
伊勢谷が「人を腹黒扱いするの、すごい気持ちいいんだよね」と不敵な笑みを浮かべると、神木は「(僕も)やられたことあるんですよ、舞台挨拶で急に。超ビックリしたんですから」と被害を訴えていた。

伊勢谷はこの日終始舌好調で、主人公の桐山零が自分の居場所を見つける本作の物語にちなみ、自分の居場所を聞かれた神木が「風呂」と回答し、「すごい落ち着くんですよ。音楽聴いたり漫画読んだり、すごくのんびりしちゃう。楽しくお風呂してます」と話すと、「君のお風呂の話より有村さんのお風呂の話が聞きたくなっちゃった」とコメントするなど、おどけっぱなしだった。

映画『3月のライオン』は前編が2017年3月18日(土)、後編が4月22日(土)より全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top