松山ケンイチが岡田准一と結託 原田眞人監督「関ヶ原」で直江兼続演じる

松山ケンイチ&壇蜜

関ヶ原の戦いを描いた司馬遼太郎の原作を原田眞人監督が映画化する『関ヶ原』の第3弾キャスト情報が解禁され、松山ケンイチと壇蜜の出演が明らかとなった。


戦国時代最大の合戦をスペクタクルに、そして感動的に描く本作。昨年8月のクランクイン前には主演の岡田准一と役所広司、有村架純のメインキャスト3名が発表、今年に入って第2弾キャストの平岳大、東出昌大、中越典子、北村有起哉、伊藤歩、音尾琢真、和田正人、滝藤賢一、キムラ緑子、西岡徳馬という個性あふれる演技派俳優陣の名前が解禁され、大いに盛り上がりを見せた。

そして今回、第3弾キャストとして、『聖の青春』で第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した松山ケンイチと、近年、女優としても活動の幅を広げている壇蜜の出演が発表された。

松山ケンイチが演じるのは、岡田准一演じる石田三成と結託し、東から徳川家康(役所広司)を討とうと試みる会津の武将、直江兼続。「今までの直江兼続像から少し離れたところで楽しくやらせて頂きました。尊敬する岡田さんと同志といえる間柄を演じる事が出来て、素晴らしい経験をさせて頂きました」と撮影を回顧。
壇蜜は、島左近の昔なじみの尼僧妙善を演じ、短い出演ながら新境地を見せた。「左近さまと三成さまの密談を見守らせていただきました。壮大な映画の景観を損ねぬようコッソリとおつとめした次第です。どうぞお楽しみください」とコメントしている。

今回の発表をもって、本作に出演する全ての武将が解禁。日本映画界を代表する名優・名バイプレイヤーたちが原田監督のもとに集結し、天下分け目の決戦を彩る。
映画『関ヶ原』は8月26日(土)全国公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top