広瀬すず、親友・大原櫻子の生歌に感涙「さくちゃんが歌ってくれて良かった」

映画「チア☆ダン」スペシャルトーク&ライブイベント

女優の広瀬すずと歌手の大原櫻子が7日、東京・港区の東京ミッドタウンで映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の公開前イベントを行った。


本作は、全米チアダンス選手権大会優勝という快挙を成し遂げた福井商業高校チアリーダー部の実話をもとにした感動の青春サクセスストーリー。広瀬すずをはじめ、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥らフレッシュなメンバーが福井中央高校チアリーダー部「JETS」の部員を演じ、大原櫻子が主題歌『ひらり』と挿入歌『青い季節』を歌う。

プライベートでも仲の良い2人は本作で初めて“主演”と“主題歌”というタッグが実現。
イベントでは大原が主題歌『ひらり』を客前で初披露し、卒業シーズンにぴったりなバラードが会場を優しく包み込んだ。
客席の最前列で聴いていた広瀬は、瞳を潤ませて壇上にあがると、大原に駆け寄り熱く抱擁。「嘘でしょ?」と戸惑う大原に、広瀬は「やばいこれ〜。大号泣なんだけど」と涙を拭い、「主題歌をさくちゃん(大原)が歌ってくれて本当に良かった」としみじみと感謝。「『チア☆ダン』のみんなで半年間練習してきて、実話が本当に素晴らしいんですけど、そこに近づけるように努力をするっていうのを忘れず頑張ってたんですけど、(大原の歌を聴いて)その想いとかみんなとの絆を一気に思い出して、それを歌っているのがさくちゃんだよ? もう私、涙腺崩壊しました」と感激しきりだった。

大原を抱きしめる広瀬

大原を抱きしめる広瀬

2人はイベントの前日も一緒にいたそうで、大原は「デトックスが好きで、よく砂風呂とかそういうところに行くんですけど、昨日もそういう感じのところに行って、2人で癒やされてきました」と仲の良さを強調。広瀬は「メールもほぼ毎日してるし、毎日一緒だね」と大原に微笑み、MCから「愛し合ってますね」と声をかけられた大原は、やや照れながら「愛し合ってます」と笑っていた。

会場には一般から親友ペア100組200人が招かれ、2人は事前に募った「SNSの会話が意外と簡素(絵文字なし)」や「どこか行きたいところがあると自然と一緒に行く設定になっている」といった“親友あるある”に共感したり、質問に回答するなどしてイベントを盛り上げた。
2人の仲の良さを確かめるクイズでは、「次に遊びに行きたいところは?」という問題に「台湾」という回答で見事に一致するなど、以心伝心ぶりを見せつけていた。

映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は、3月11日(土)公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top