欅坂46×HKT48がガチの6番勝負 互いの楽曲交換パフォーマンスでファン熱狂

「つぶやきFES 博欅場所」でパフォーマンスする欅坂46

アイドルグループ・HKT48欅坂46が7日、東京・両国国技館で行われた「つぶやきFES 博欅場所 ~GUM ROCK FES2~」に出演。ガチの6番勝負に挑んだ。


昨年よりスタートした「GUM ROCK FES」は、“音楽”と“ガム”と“対決”をコンセプトに、出演者が様々な形で競い合い、勝者を決めるという複合型のイベント。
MCを務めたお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの呼び込みで両グループが登場し、欅坂46のキャプテン・菅井友香が「私たち後輩なんですけど・・・まったく負ける気がしません!」と宣戦布告をすると、会場に駆け付けたファンのボルテージは一気に最高潮に。これに返すように、HKT48の松岡はなも「HKT48も負けないように頑張りまーす!」と会場を沸かせた。

最初の対決では、HKT48から本村碧唯、朝長美桜、松岡はな、そして欅坂46から長沢菜々香、土生瑞穂、平手友梨奈が「キシリトール present’s スポーツで爽やか!バスケ フリースロー対決」に挑戦。
HKT48が1点リードの状況で、特技はバスケという欅坂46の平手が登場。外したら負けてしまう追い詰められた状況の中、緊張した様子の平手だったが、鮮やかなアーチを描いたシュートは見事リングに吸い込まれて同点。最終スコアは1-1となり、初戦は引き分けとなった。


次の対決は、「キシリトールホワイト present’s 洗練された女性を目指せ!暗算対決」。その場で読み上げられた数字をその場で足し算していくこのゲームに、欅坂46は尾関梨香、長濱ねる、米谷奈々未が出場。尾関が最初の一桁の暗算問題を難なくクリアすると、2問目も長濱が危なげない様子で正解。一方 HKT48は2問目で、正解の「122」に対し下野由貴が「123」と回答し、不正解。同じチームの渕上舞、今村麻莉愛と共にがっくりと肩を落とし、悔しさを隠しきれない様子だった。3問目は両チームとも不正解だったため、最終スコアは2-1。欅坂46が見事初勝利を飾った。

前半戦最後の対決は、「ACUO present’s スッキリな息10秒対決」。ACUO を噛んだ後、息を吐き続けてピタリと10秒を当てる対決では、HKT48から宮脇咲良、欅坂46から志田愛佳が挑戦。結果は宮脇が11秒96、志田が10秒48と、約1.5秒の大差をつけて志田が勝利した。この結果に、応援していたHKTチームのメンバーからは、「なにやってんのー!(笑)」と声を掛けられたが、宮脇は「(負けて悔しいけど)食べてたガムが美味しくて、すごく嬉しいです(笑)」と勝敗は気にせず、会場に向けてニコッと笑顔。HKT48チームの掛け合いに、会場は笑いに包まれた。


欅坂46の2勝1分けで前半戦を終えると、ステージ上で「つぶやきグランプリ」の表彰式を実施。両グループは、2016年11月に「つぶやきCMグランプリ」という企画にて対決を行っており、今回はその結果発表として、ファンのつぶやきの中から選ばれた50名と、HKT48&欅坂46全メンバーで記念撮影が行われた。
その後、エキシビジョンマッチとして「東西楽曲交換対決」を実施し、欅坂46 はHKT48の「スキ!スキ!スキップ!」、HKT48が欅坂46の「二人セゾン」を熱唱。HKT48からは「欅坂の曲を歌えてすご く嬉しい!動きがハードだから頑張ります!」という声が聞かれたように、両グループ共になかなか公の場で は歌うことのない、他グループの楽曲を存分に楽しみながらパフォーマンスしていた。

後半戦最初の対決は、「フルーティオ present’s かわいい相撲対決」。今回の開催地である両国国技館にちなんで実施されたこの “史上最もかわいい尻相撲対決”に、HKT48の田中美久、松岡菜摘、田島芽瑠、欅坂46の織田奈那、菅井友香、守屋茜が挑戦。初戦となる関脇戦では、欅坂46の織田がHKT48の田中に勝利。続く大関戦では、欅坂46の守屋が一撃でHKT48の松岡を吹っ飛ばし、圧倒的な力の差を見せて欅坂46が連勝を飾った。2連敗で危機感を募らせたHKT48 チーム。応援しているHKT48チームのメンバーから「お願い!頼むよー!」という声が上がるなか、最後の横綱戦ではHKT48の田島が欅坂46・守屋を押し出し一矢報いるも、通算2対1で欅坂46が勝利した。


続いての対決は「Fit’s present’s あっち向いてホイ!最強対決」。一本勝負の“あっち向いてホイ!”で、HKT48の矢吹奈子と欅坂46の渡辺梨加がガチンコ対決。序盤、5回連続であいこが続くなど接戦。その後も互いに譲らぬ攻防が続く中、最後は、常に冷静さを保っていたHKT48の矢吹が勝利を勝ち取った。勝負が終わり、緊張から解放された2人の顔に、会場からは「どっちも可愛いー!」とファンも大興奮だった。

最終対決は、指原莉乃、森保まどか、神志那結衣らHKT48の10人と、今泉佑唯、小林由依、渡邉理佐ら欅坂46の10人による「ブラックブラック present’s 最後にスッキリ!大縄跳び対決」。
欅坂46チームが「頑張ろう!ここで決めよう!」と各々が互いに鼓舞すれば、HKT48チームも負けじと「チームワークの良さは負けない!頑張ろう!」と声を張り、両チームのテンションは最高潮。なかなか見られない両者の真剣勝負を前に、会場は大きな歓声に包まれた。
大いに盛り上がりを見せた大縄跳び対決は、HKT48チームが9回、欅坂46チームが48回成功し、大差で欅坂46の勝利。メンバー全員でハイタッチをしあうなど、喜びをチームで分かち合っていた。


最終結果は5対2で、欅坂46が白熱した東西アイドル対決を見事制し、“アイドル界の横綱“に輝いた。
今回のイベントを締めくくったのは、HKT48と欅坂46 のスペシャルライブ。欅坂46の平手はMCで「みなさん、手を振ってくれてありがとう!もっと一緒に盛り上がりましょう!」と会場を盛り上げ、HKT48の指原も人気曲『最高かよ』では「欅坂のファンも一緒にー!よっしゃ行くぞー!」と会場をさらにヒートアップさせた。
エンディングで今回のフェスの感想を聞かれたHKT48のメンバーたちは、「最後までみなさんありがとうございました!」 と充実した表情で来場者へ大きく手を振り、欅坂46のメンバーは「ありがとうございました!」と全員深々と頭を下げて、イベントを締めくくった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags ,

関連記事


Top