乃木坂46・桜井玲香、若月佑美にキスマーク付き写真集をプレゼント ラブラブぶり明かす

ファースト写真集を発売した桜井玲香

乃木坂46の桜井玲香が8日、都内の書店でファースト写真集「自由ということ」(3月8日発売/撮影:Takeo Dec./光文社)の発売記念お渡し会を開催。イベント前に報道陣の取材に応じた。


本写真集は、マレーシア第三の都市で、食とアートの街・イポーと、アンダマン海に浮かぶ大自然に囲まれたリゾートアイランド・ランカウイ島で撮影。エレガントな美しさとお茶目な可愛さを併せ持つ彼女の魅力がギュッと詰まった一冊となっている。

「特にテーマとかがなくて、何も決めずにナチュラルな感じで撮っていただきました」と写真集を紹介した桜井。イポーでは雄大な自然のなかで露天の温泉カット、ランカウイではエメラルドグリーンの海とどこまでも続く白い砂浜のなか、初めてのソロ水着撮影にも挑戦。「なぜか今までの(グループでの)写真集で水着のショットを使われたことがなくて、首から下が水に浸かってるみたいなのが多かった」という桜井は、「初めてみんなに見せるっていう緊張がありました」と撮影を振り返った。

メンバーからは「みんな『すごい良い』って言ってくれます」と反応も上々のよう。「中田花奈が私のことがタイプじゃないみたいで、アイドルオタクなのでメンバーみんなに『可愛い可愛い』って言うのに、私だけ1回も可愛いって言われたことがなかったんですけど、今回の写真集で初めて『可愛い』って褒めてくれたので嬉しかったです」とニッコリ。
桜井といえばメンバーの若月佑美との仲良しペアがファンにはお馴染みだが、記者から若月の反応を聞かれると、「『すごい良いね』って。『いい写真集を作っていただいたね、良かったね』って言ってくれました」と報告。「惚れ直した」とは言われなかったかと追求されると、「なんでそういうこと言うんですか」と照れながら、「若には特別に、サインとメッセージとキスマークをつけてプレゼントしましたよ」と告白。「ラブラブなんですね」と言葉をかけられると、「ふふふ」と笑いながら「・・・はい」と恥ずかしそうに俯いていた。

本写真集の制作にあたり、桜井は自分が撮影した写真も入れてみたいと自ら提案したそう。「『じゃあ私、一眼レフカメラを買って持っていきます!』って言って、持って行ったんですけど、あんまり容量とかがわからなくて、1GBのSDを持っていっちゃったんですね。撮り始めてすぐに容量が一杯になっちゃって……」とキャプテンなのに“ポンコツ”と呼ばれる、おっちょこちょいな一面ものぞかせた。

ソロ写真集の発売が相次ぐ乃木坂46。次にソロ写真集を出してほしいメンバーを聞かれると、「全員出せたらいいですね。3期も含めて全員。そしたらかっこいいですよね。グループ全員、個人写真集出してますけどウチ!みたいな」とドヤ顔を見せて周囲を笑わせていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top