元乃木坂46・畠中清羅初主演作「華うつろ 花は咲く」秋葉原映画祭でプレミア上映

「第2回 秋葉原映画祭2017」ロゴ

2015年4月に乃木坂46を卒業した畠中清羅の初主演映画『華うつろ 花は咲く』が、4月に東京・秋葉原で開催される「第2回 秋葉原映画祭2017」(AFF2017)でプレミア上映されることが決定した。


「華うつろ 花は咲く」場面写真

「華うつろ 花は咲く」場面写真

「秋葉原映画祭」はアニメ−ション作品を主体として、漫画・ラノベ・ゲーム原作、アイドル主演の上映作品に特化した映画祭。第2回目となる今年は、ポップカルチャーの聖地・秋葉原のUDXシアターで、2017年4月1日(土)から3日(月)の3日間にわたって開催される。

畠中清羅主演の『華うつろ 花は咲く』は、最終日の4月3日に上映。同じく新作となるAKB48・鈴木まりや主演『チャットゾーン』のプレミア上映も同日に行われる。いずれも、上映前にはキャストによる舞台挨拶を予定。

そのほか、今回の秋葉原映画祭では、『シン・ゴジラ』『KING OF PRISM by PrettyRhythm』『ガールズ&パンツァー 劇場版』など5作品の発生可能上映を実施。特任アンバサダーとして映画コメンテーターの有村昆氏を迎え、上映前のMCやトークショーなども予定されている。

また、4月1日・2日には、同時開催イベントとして、UDXシアター周辺会場でアイドルライブやメイドNo.1選手権も行われる。同映画祭の半券チケットを提示すれば、周辺の提携店舗や同時開催中のライブで入場割引や特典が得られたりと、秋葉原のまち全体を楽しめるイベントとなっている。

■秋葉原映画祭公式サイト:
http://www.akibafes.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top