楽曲・ウカスカジー×出演・坂口健太郎&忽那汐里のコラボが実現

モデルで俳優の坂口健太郎と女優の忽那汐里が出演し、桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCによるユニット・ウカスカジーが楽曲を提供する、ライフスタイル提案型ブランド「niko and …(ニコアンド)」の10周年を記念した動画が公開された。


坂口は過去に同ブランドのTVCMに出演し、忽那は同ブランド5周年に発刊したムック本に登場するなど、ブランドと縁が深い2人は、今回「niko and …(ニコアンド)」がブランド設立10周年を迎えるにあたり、ブランドアンバサダーに就任。本日3月10日(金)から展開する10周年プロモーションの第一弾として制作された、であうにあうMOVIE「春、夏、君、僕。」に出演した。
また、動画には「niko and …」のグローバル旗艦店「niko and …TOKYO」のアンバサダーを務めるGAKU-MCと、Mr.Childrenの桜井和寿によるユニット・ウカスカジーが楽曲を提供。2016年7月にリリースした、2ndアルバム「Tシャツと私たち」に収録の「Anniversary」が使用されている。

今回の動画の舞台となるのは、個性豊かな住人達が住むひとつのアパートメント。そこに、坂口・忽那演じる男女がそれぞれ隣の部屋に同時に引っ越してくる。2人はすれ違いながら、住人たちとの不思議な出会いに溢れたアパートでの暮らしを繰り広げる。 最後に、偶然お揃いのコーディネートに身をつつんだ2人は、家のドアを開けた瞬間、初めて対面し、照れくさそうに微笑み合う。シーンに合わせて、坂口と忽那は計25パターンの衣装で登場し、すれ違う男女の不思議な新生活を好演。ユニークな“であう”がありながら自分らしく“にあう”と感じられる「niko and …」の持つ世界観を表現している。

撮影では、現場に入った瞬間、海外映画のような大規模なアパートの美術に、驚きの声を上げた2人。助監督によるカウントに合わせて、絶妙なすれ違いを演じ、初共演とは思えないほどの阿吽の呼吸で撮影が進んだ。
カットがかかるとアパートから出てきては、真剣にモニターチェックをし、監督との動きの確認をする忽那。撮影で使用する車や「niko and … 」の雑貨に興味津津な様子の坂口。雨のシーンでは、雨に濡れた忽那を、坂口が「大丈夫でしたか?」と気遣う場面も見られた。
最後の紙吹雪が舞うカットでは、予想を上回る紙吹雪の量の多さに、カッ トがかかると二人で思わず笑い合い、現場は和やかな雰囲気に包まれたりと、リラックスした雰囲気のなかで2日間にわたる撮影を終えた。

ブランドの公式YouTubeチャンネルでは、であうにあうMOVIE「春、夏、君、僕。」と、そのメイキング映像、インタビュー映像もあわせて公開されている。



・であうにあうMOVIE「春、夏、君、僕。」:

・メイキング:

・インタビュー:



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top