ゆず20周年ベストにセカオワ、いきもの、back numberが参加

「ゆずイロハ 1997-2017」で豪華コラボ実現

2人組アーティスト・ゆずが4月26日にリリースするオールタイムベストアルバム「ゆずイロハ 1997-2017」に、ゆずと関わりの深い、 いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARIら3組の“ゆず楽曲”コラボレーションが収録されることがわかった。


同アルバムは、ゆずがデビュー20周年を迎えるにあたり、ファンやこれまでゆずを聴いてきた人はもちろん、 これからゆずを聴く人にとっても最適な、入門編ともいえるCD3枚組・全50曲という大ボリュームの集大成的ベストアルバム。
選曲の際に、「20周年だからこそできる、おもしろいことができないか」と模索する中で、ゆずとさまざまな場面で親交のある3組の後輩ミュージシャンとのコラボレーション案が浮上。ゆずが自ら各アーティストにオファーを行い、3組それぞれが快諾。単純なカバーやトリビュートにとどまらない、レーベルの垣根を越えた豪華トラックの誕生となった。

現在“放牧期間中”のいきものがかりは、昨年秋頃から年末にかけてレコーディングを実施。ユニット結成のきっかけとなった、吉岡聖恵、水野良樹、山下穂尊3人での初めての路上ライブで披露した楽曲が「夏色」だったといういきものがかり。過去にはゆず主催のライブイベントで共演したこともある。
今回はいきものがかりのイメージから2013年リリースの「イロトリドリ」を選曲し、お互いアレンジのアイディアを出し合いながら制作を行った。
back numberとは、過去メディア出演の際にボーカル・清水依与吏が好んで聴いていたと公言していた 5thシングル「サヨナラバス」(1999年発売)をバンドセッション。
Fukase(Vo)とNakajin(Gt)が知り合ったきっかけがゆずだというSEKAI NO OWARIは、メンバーたってのリクエストで、ゆずの初期楽曲「悲しみの傘」(2ndアルバム『ゆずえん』収録曲)をセッション。 3組それぞれのストーリーや想いが込められた、ここでしか聴くことのできない3曲となっている。

これら各アーティストとのコラボ楽曲は、3枚組ディスクの各ディスクに1曲ずつスペシャルトラックとして収録される。

いきものがかりコメント

■吉岡聖恵

ゆずさんに憧れて、高校時代に路上ライブをしていたいきものがかりメンバー3人。
なので、今回のコラボのお話は本当に嬉しかったですし、仮歌からレコーディングまで、ワクワクしながら歌い、とても素敵な時間を過ごさせていただきました!
「イロトリドリ」、とても賑やかな楽曲で、ゆずさんとコラボさせていただいた楽しい空気感もたっぷり伝わる曲になったのではないかと思います!
曲を聴いてくださる皆さんに、楽しんでいただけましたら幸いです!!!

■水野良樹

「ゆず」というグループがいなかったら、僕ら3人の物語は始まってもいなかったわけで、今回のコラボは、ヒナ鳥が親鳥のもとへ戻っていくようなものです。20周年を祝う特別なアルバムに参加できたことは、 僕らにとって、つまりは、夢みたいなことでした。北川さん、岩沢さん、本当に…本当に…ありがとうございました。

■山下穂尊

この度はゆずさんにコラボレーションのお話を頂き大変光栄に思っております。
ゆずさんがいなければ「いきものがかり」は存在しませんでした。
そんな、音楽、路上、そして神奈川の大先輩とのレコーディングはとても貴重なそして純粋に楽しい経験でした。
宝箱をひっくり返したような楽曲に仕上がりましたので是非お楽しみください。

清水依与吏 (back number)コメント

原曲が好き過ぎてあんまり変えたくないし、自分達みたいに原曲を聴き込んでる人も違和感なく聴ける方がいいなぁと思って。なのでサヨナラバスの爽やかな切なさが消えないで、でも出来るだけパワフルに伝
わるように、まっすぐ演奏して、まっすぐ歌いました。生まれて初めてのカバーが、この曲で、この形で、この人達とで、幸せでした。

Fukase(SEKAI NO OWARI)コメント

ゆずのマークを僕が上履きに描いてた事をきっかけにNakajinと仲良くなり、そして今のSEKAI NO OWARIに繋がった僕たちにとって、このコラボレーションがどんなにミラクルな出来事か、計り知れません。大人になってから歌った悲しみの傘は木漏れ日の中降る通り雨のような、あたたかい雨になっていました。

ゆずコメント

20周年を記念したベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』発売にあたり、いままで他の誰もやったことのない面白いことができないか考えていました。そんななか、カバーでもトリビュートでもない、今回の コラボレーションのアイディアが出てきました。先輩でも同世代でもなく、僕たちより若い、だけどとて もリスペクトしている3組のアーティストに声をかけさせてもらいました。僕たちにとっても新しい発見ばかりの刺激的なレコーディング現場で、「イロトリドリ」「サヨナラバス」「悲しみの傘」に新たな息 吹がふきこまれました。いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARI、ありがとう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top