乃木坂46がスーツ姿でエアなわとび対決 結果に「年齢には逆らえない」

乃木坂46が「スラっと スラテクノスーツ」新CM発表会に出席した

乃木坂46の生駒里奈、衛藤美彩、齋藤飛鳥が13日、都内で行われたはるやま商事の「スラっと スラテクノスーツ」新CM発表会に出席した。


同社が新発売する「スラテクノスーツ」は、高いストレッチ機能の特殊加工素材により、従来のスーツに比べ着用行動時のカロリー消費を目指した健康志向のビジネスウェア。
新CM「スラテクノスーツ 燃焼系スーツ篇」では階段を軽快に上がったり、電話をしたり、ジョギングする人たちに負けじと健康的に歩いたりと、日々多忙なライフサイクルを送るビジネスマンの“燃焼”シーンを切り取りながら、生駒、衛藤、齋藤の3人が「スラテクノシリーズ」について紹介していく。

発表会では「スーツで燃やせ!燃焼対決!」と題し、3人がスーツ姿でエアなわとび対決を行った。回数を計測できる機器を手に、1分間の全力エアなわとびを終えると、3人とも腰に手をついたりしゃがみこんだりと、息も絶え絶え。60秒間で生駒が184回、衛藤が162回、齋藤が189回を飛び、一番若い齋藤が見事勝利を収めた。
発表会後の囲み取材では報道陣から、なわとびの結果が年齢順であったことを聞かれ、衛藤は「そこ、掘り返します?」と苦笑い。「小学校の頃は、なわとび教室を開いていた」と元来の運動神経の良さを強調し、「みんなに上手いって言われて、なわとび先生みたいな感じでやってました。年齢には逆らえないなと。悔しさ100点です」と今回の結果に落胆。勝利した齋藤飛鳥は「なわとび先生に勝っちゃった」と笑っていた。

3月22日に発売する17枚目のシングル「インフルエンサー」の高速ダンスが話題となっている乃木坂46。衛藤は発表会中に「乃木坂の中でワースト3に入るくらい体が硬くて、ダンスに影響が出てしまうので、今回のシングルから家でストレッチをするようにしています」と話し、前屈を披露するも、地面に両手がまったく届かず。齋藤に背中を押され、「イタタタタタ……」と苦笑していた。

普段スーツを着る機会のない3人。お互いのスーツ姿を見て、生駒が「みさ先輩(衛藤)は上司って感じ」と話せば、齋藤も「バリバリ仕事してる感じ」と衛藤の着こなしに太鼓判。
18歳の齋藤飛鳥は自分で「着られている感が拭えない」と違和感を吐露。
「ちょうど就活生と同じ年」という生駒は、「握手会でも同い年の子がみんなスーツで来ていた」と明かし、「就活してたらきっとスーツを来ていろんな会社を回っていたんだろうなと思って、自分で着られない分、今日着られて嬉しい」と笑顔を見せていた。

新TV-CM「スラテクノスーツ 燃焼系スーツ篇」は3月16日よりオンエア。あわせて、3人がオフィスでも簡単にできる燃焼体操を伝授するWEB限定動画「スーツでできる簡単!燃焼体操」も本日3月13日より公開されている。
発表会では3人が燃焼体操も披露。齋藤は「どういう気持ちでやればいいのかわからなかったです」と照れ笑いを浮かべながら、「手軽にできるので、待ち時間とかに急にやりだそうかなと思います」と話した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top