GENERATIONS白濱亜嵐・片寄涼太・関口メンディーがFC今治を激励!U-15とPK対決も

FC今治のホーム開幕戦に駆けつけたGENERATIONS白濱ら

ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐、片寄涼太、関口メンディーの3人が12日、愛媛・西条市ひうち陸上競技場で開催された日本フットボールリーグ(JFL)のFC今治のホーム開幕戦に訪れ、サッカー元日本代表の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治の選手らを激励した。


EXILEやGENERATIONSらが所属するLDH JAPANは、岡田氏が代表監督を務めた2010年のサッカーワールドカップでEXILEが応援ソングを手掛けた縁もあり、FC今治のチームスポンサーに。以降、岡田氏が目指す、サッカーを通じての地方創生などをはじめ、FC今治をバックアップしている。
チームは岡田オーナー体制発足3年目となった今季から、4部リーグにあたるJFLに昇格。試合前のセレモニーでは、愛媛出身でFC今治のチームユニフォームをデザインした白濱が「今日は精一杯声を出して、悔いの無いように皆さんで選手たちを盛り上げていきましょう!」とエールを送ると、会場に集まった3,065人の観客から大きな拍手と歓声が送られた。

ハーフタイムには「会場に来られている方に少しでも楽しんで頂けたら」という3人の想いのもと、FC今治U-15の中学生とPK対決を実施。
片寄と白濱はゴールを決めたものの、関口が惜しくもゴールバーに当ててしまい、全員がゴールを決めた中学生チームに惜しくも敗戦。関口は「イメージは勝つイメージだったのですが」と悔しがると、白濱から「あそこでバーに当てるのはおいしかったね」とイジられ、「狙ってないけどね」と笑いを誘った。

試合は昨年の年間チャンピオンのHonda FCとスコアレスドロー。開幕戦ということもあり互いに探り合う試合展開に「緊張感があってドキドキしながら応援した」と片寄。関口も「今日のPK対決のように、子どもたちやサポーターの方々と触れ合いながらFC今治を盛り上げたり、色んな角度から選手たちの背中を押せるように応援していきたい」と意気込んだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top