渡辺麻友・北原里英ら、AKB48グループ公認ファッションブランド誕生で新“オシャレ番長”の登場に期待「誰かが頭角を現してくれたら」

「UNEEDNOW」お披露目記者発表会に出席したAKB48グループの4人

AKB48の渡辺麻友SKE48の北川綾巴、HKT48宮脇咲良、NGT48の北原里英が15日、都内で行われた新ファッションブランド「UNEEDNOW」(ユーニードナウ)の記者発表会に出席した。


「UNEEDNOW」はAKB48グループメンバーがモデルを務めるAKB48グループ公認のECファッションブランド。4人は同ブランドの製品に身を包み、いつもとは違うモードストリートな雰囲気で発表会のステージに登場。宮脇咲良は「実はストリートっぽいファッションが大好きなので、今かなりテンションが上がってます」と笑顔を見せた。

発表会では、AKB48グループのメンバーが同ブランドのアイテムを着こなしたクールなビジュアルがお披露目された。
撮影を振り返り、渡辺は「いつも私たちがしている活動とはまったく違って、ファッション寄りの撮影だったので、それがすごく新鮮だったのと、いつもの歌の時の衣装と全く違ったテイストだったので、それもすごく楽しかった」と充実感。
北川は「こういうオシャレでカッコいい撮影はあまりしたことがないので、ポージングが難しくて、ずっとわたわたしてました」と新たな挑戦を振り返り、北原は完成したビジュアルについて「このメンバーの組み合わせが初めてだと思いますし、AKB48の12年の歴史の中で一番ファッショナブルだと思います」と満足気だった。


今後、同ブランドでは、AKB48グループのメンバーをファッションアイコンとして、特集ビジュアルの定期更新や著名ブランドとのコラボレーション企画などを展開していく。
渡辺は「違ったメンバーもモデルとして出て来るので、いろんなメンバーの新しい一面が見えてくるのでは」と今後の展開を見据え、北原も「普段の歌やダンスとは違う面で目立ってくるメンバーが出て来ると思うので楽しみです」と若手の台頭に期待。
さらに北原は、「今回、NMB48の村瀬紗英ちゃんと吉田朱里ちゃんが出ていたりとか、“NMB48といえばさや姉”というイメージが強いと思うんですけど、また違う魅力的なメンバーがいるというところをしっかり見せられていていいなと思う」と語り、これまでAKB48グループのファッションリーダーだった小嶋陽菜が卒業を控えていることから、「これを通して、誰かが頭角を現してくれたらいいな」と小嶋の後を継ぐ“オシャレ番長”の登場に期待を寄せた。

「UNEEDNOW」は、本日3月15日よりオープンするECサイトにて数量限定のファーストコレクションの販売を開始。また、第一弾コラボレーション企画として、7月にエドウィン「SOMETHING」ブランドとの協業による、90年代にフォーカスしたジーンズの発売を予定している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top