乃木坂46、アンダー楽曲センターは2期生・渡辺みり愛 3期生初のMVも公開

乃木坂46「風船は生きている」MV

乃木坂46が3月22日(水)に発売する17thシングル「インフルエンサー」のカップリングに収録される「風船は生きている」「三番目の風」の2曲のMusic Videoが同時公開された。


アンダーメンバーによる「風船は生きている」のMusic Videoは、2月上旬に都内の公民館にて撮影された。
法廷を舞台に、裁判長の渡辺みり愛・鈴木絢音・山崎玲奈と裁判官、それに対して弁護側・検察側に分かれての争いをモチーフにした内容。
言い争うシーンはフリーでの演技となっており、特に「鈴木絢音と山崎玲奈のつかみ合い」は、メンバーからも「かっこいい!」という声が漏れるほど迫真の演技となった。
センターを務めるのは同楽曲の歌唱メンバー内で最年少17歳の渡辺みり愛。スーツを着るのが初めてで、“着させられてる感”を終始気にしていたという。

「三番目の風」は今作からシングルの制作に加わった3期生にとって初めてのMusic Video。
出番を待っている三期生メンバーの姿が描かれ、演出された映像とともに、実際の控え室の様子などドキュメンタリー的な要素も含んだ作品となっている。
3期生にとって初の映像作品となり、タイトル通り“三番目の風”として、グループに旋風を巻き起こすことを予感させるMVに仕上がった。
監督は数多くのアーティストのMusic Videoを手掛け、乃木坂46では「ここじゃないどこか」「他の星から」「羽根の記憶」「あらかじめ語られるロマンス」など多数のMusic Videoや個人PVを手掛けている岡川太郎監督が担当している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top