稲葉友「マックスマン」第3弾で映画初主演 「第9回沖縄国際映画祭」でプレミア上映

稲葉友主演『N.Y.マックスマン』

俳優の稲葉友が、映画『N.Y.マックスマン』で映画初主演を務めることが21日、明らかになった。


『マックスマン』シリーズ第3弾となる今作には、主演の稲葉に加え、第1弾『Mr.マックスマン』に主演した千葉雄大、第2弾『Bros.マックスマン』主演の竜星涼、同じく第2弾でヒロインを務めた内田理央らが集結。NYで探偵をしている本家マックスマンの孫ことヒロ・マックス(稲葉友)が、正義(千葉雄大)と出会い、その後日本を訪れ、ある謎を解決していくというストーリー。

稲葉は同日、本作がプレミア上映される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の概要発表会見に出席。
「出演者の面々がいろんな特撮に出ていた人がぞろっと集まっているので、各世代のヒーローがそれぞれ混じり合ってすごい面白い空気が出来上がっていました」と撮影現場の雰囲気を明かし、「世代を超えた共演という見方もできると思うので、是非そういうところも見てもらえたら」と作品をアピールした。

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」は、2017年4月20日(木)から4月23日(日)までの4日間にわたり、沖縄県内の12市町村20会場で開催。『N.Y.マックスマン』は、宮古島の「よしもと南の島パニパニシネマ」にて過去の『マックスマン』シリーズとあわせて上映される。
この日行われた会見には稲葉のほか、『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』に出演する中尾明慶、小出恵介、『おまえはまだグンマを知らない』に出演する間宮祥太朗をはじめ、川村ゆきえ、木村祐一、しずる、吉木千沙都、岡崎朋美、天竺鼠、ミキ、女と男、ゆりやんレトリィバァ、宮川たま子らが出席。司会はお笑いコンビ・ガレッジセールの2人とフリーアナウンサーの木佐彩子が務めた。

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」

開催期間:2017年4月20日(木)〜23(日)
開催場所:那覇市(波の上うみそら公園/国際通り周辺/桜坂劇場/てんぶす那覇/よしもと沖縄花月/シネマQ/シネマパレット/ハイアットリージェンシー那覇沖縄)、北谷町(アメリカンビレッジ周辺/ミハマ7プレックス)、宜野湾市(トロピカルビーチ周辺)、北中城村(イオンモール沖縄ライカム/シネマライカム)、宮古島市(よしもと南の島パニパニシネマ)、石垣市(石垣市民会館)
ほか沖縄県内各所
ホームページ:http://www.oimf.jp/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top