欅坂46から初の専属モデル誕生 渡邉理佐が新「non-no」モデルに

170321non-no_model1

欅坂46の渡邉理佐が女性ファッション誌「non-no」の専属モデルに抜擢された。21日、都内で行われた同誌の創刊45周年記念イベント&新モデルお披露目発表会にて発表された。


イベントには同誌モデルで乃木坂46の西野七瀬も出席。新モデルとなった渡邉へ「カメラマンの方やスタッフさんが助言してくださって助けてくれるので、少しずつ変われていけると思う。はじめは安心して自分なりにやってみれば大丈夫だと思います」と自身の経験を交えてアドバイスを送った。

渡邉理佐は2015年8月に欅坂46第1期生オーディションに合格。デビューから8ヶ月で紅白歌合戦出場と、グループ躍進の中心メンバーとして活躍。昨年末に発売された「non-no」2月号にメンバーの平手友梨奈と登場し、大きな反響を呼んでいた。欅坂46からのファッション誌専属モデルへの起用は今回が初となる。

この日発表された新モデルは3人。渡邉のほか、「SUBWAY」や「モンスターストライク」のCMで注目を集めた松川菜々花、「ミスiD2015」入賞をきっかけにデビューした山田愛菜が新non-noモデルとなった。

なお、本日3月21日20時より同誌公式サイト「non-no Web」にて、新モデルの撮り下ろし写真とインタビュー動画が掲載される。

■non-no Web
http://nonno.hpplus.jp/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top