けやき坂46初ワンマンに5,000人熱狂 全国Zeppツアー開催決定

初のワンマンライブを行ったけやき坂46

欅坂46のアンダーグループとして結成された、けやき坂46(ひらがなけやき)が3月21日(火)・22日(水)の2日間にわたり、東京・台場のZepp 東京で初のワンマンライブを開催。両日あわせて5,000人を熱狂させた。


「OVERTURE」から緑のサイリウム一色に染まった会場にメンバーが登場すると、けやき坂46にとっての初めてのオリジナル楽曲「ひらがなけやき」からライブがスタート。続けて「世界には愛しかない」「二人セゾン」と、欅坂46のシングル曲をけやき坂46のみで初めてパフォーマンスし、観客を驚かせた。中でも、本来は平手友梨奈が担当する「二人セゾン」の間奏の激しいダンスパートを、メンバーで最もダンスが苦手な井口眞緒が踊り始めた時には、大きなどよめきが起こった。

MCでは、メンバーがタップダンスに挑戦することが発表された。さらに、このタップダンスを5月31日にZepp なんば大阪で行うライブで披露することが伝えられ、今回の公演が実は全国Zeppワンマンツアーの東京公演であることが明らかとなった。

ライブ後半に突入すると会場のボルテージは一段とヒートアップ。4月5日発売の4thシングルに収録されるけやき坂46の楽曲「僕たちは付き合っている」を初披露して会場を湧かせると、「サイレントマジョリティー」をはさみ、最後はライブで人気のナンバー「誰よりも高く跳べ!」で熱狂の中、本編の幕を閉じた。

アンコールでは昨年12月のワンマンライブで初披露された「W-KEYAKIZAKAの詩」で締めくくられ、終演後はメンバーが来場したファンをロビーで見送って初のワンマンライブを終えた。

けやき坂46 Zepp Tokyo公演 セットリスト

2017年3月21日(火)・3月22日(水)
M1:ひらがなけやき
M2:世界には愛しかない
M3:二人セゾン
M4:青空が違う
M5:僕たちの戦争
MC〜タップダンスレクチャー
M6:手を繋いで帰ろうか
M7:ABC(カバー)
M8:僕たちは付き合っている ※4thシングル収録曲 
M9:サイレントマジョリティー
M10:誰よりも高く跳べ!
EN:W-KEYAKIZAKAの詩

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top